思考するプログレッシブロック|生き方の創造と考え方

目次
思考するプログレッシブロック生き方の創造と考え方

僕がプログレッシブロックと出会ったのは1971年7月23日にムーディーブルースのアルバム”童夢”が発売されたことから始まった,僕はなぜここにいるのか、なぜ日本人で今ここに生まれて生活しているのか、そんな疑問を常に持っていた、だって不思議でしょ、地球ってどんなところなの、そもそも宇宙って何時、どんな風にできたの、、、、、、、、なんてことを物心ついて今までの間にいろいろ考えてきた

スポンサーリンク

And I'm God

今)ここにいる自分はなぜ自分の意識のもとで考えて行動しているのか

行動(現実)

あなた

あなたは今そこにいて、この僕が書いた文章を読んでいるのです

僕は今、このブログをパソコンに向かって書いています

あなたがこの文章を読んでいる今、僕はこの文章をすでに書き上げていて

このブログにすでに投降した後です

場所(どこで)

僕はこの宇宙の太陽系と呼ばれている中にある

地球と呼んでいるこの星にある

日本という名の国の

東京という地域で

このブログを書いている

あなた

あなたはこの宇宙の太陽系と呼ばれている中にある

地球と呼んでいるこの星にある

どこかの国の

どこかの場所で

このブログを読んでいる

なぜ(理由)

僕は自分(自分の体と意識)が、今ここでなぜブログを書いているのか

思考するプログレッシブロック|生き方の創造と考え方

というタイトルで、僕の考えていることをあなた(来ていただいた方)に伝えたくて書いている

あなた

何らかの方法でこのページを見つけて今この記事を読んでいる

スポンサーリンク

今まで)プログレッシブロックとの出会いとつながり

小学校

自分の存在なんて意識せずにいたかもしれない

友達や家族や好きな遊びや好きなテレビを見て、、、、

怖いものや

いやなことに

素直にいやな顔をして

うれしいことや好きなことばっか

やっていた、、、、、、

それ以上、なにも考えていなかったかも、、、、、、、、、、

中学校

行動

友達の家で、ビートルズを聞いて好きになった

今までは日本の音楽ばっか聞いていた

言葉がわからなくても

歌詞の意味がわからなくても

聴いているだけですべてが入ってきた

僕の中へストレートに

おこづかいでビートルズを買いまくった

そして、ロックをジャケ買いしまくった

思考1

宇宙ってデカい

人間ってこんなに小っちゃな存在なんだから、、、、、

なぜ愛しあわない、、、、

なぜ傷つけあう、、、、、、

なぜ戦争する、、、、、、

ジョンレノンって偉いな、、、、、、、、

出会い

ジャケ買いの中で気になるアルバムが、、、、、、、、

”童夢”っていうんだ、ムーディーブルースの、、、、、、、

トータルアルバムってやつで、、、、、、、

物語になってる

宇宙の話とか、、、、

愛の話とか、、、、、

時間と空間の話とか、、、、、、

思考2

こいつらわかってるじゃん、、、、、、、、

僕と考えてることが似てるじゃん、、、、、、

世の中にこんな奴らがいたんだ、、、、、

僕はむさぼるように聴き

僕はむさぼるように詞を読んだ、、、、

これがプログレか、、、、、、

僕は初めて歌詞を読んだ、、、、、

音とイメージだけで楽しんでいたビートルズとは

全然違うモノがそこにはあった

ビートルズは、カッコイイ、素敵だった

でもこれは、、、、、、

ムーディーブルース全然違う、、、、、、

あこがれなんかじゃない

限りなく僕だ、、、、、、、、

ムーディーブルースは限りなく僕に近い

偉そうだけど僕はそう思い

涙を流した、、、、、、、

僕の考え方は、、、、、、、

間違っていなかった、、、、、、

こんなに近い考え方の人たちがここにいる、、、、、

音と言葉と神と自分について

僕はシンセサイザーの音が大好き

宇宙の音がするから、、、

飛べるような気がするから、、、

現実逃避かって、、、、

そう言われてもいい、、、、、、

安心できるから、、、、、、、、

音はイメージで伝えることができる

そこには意味がないから

意味は自分で作れるから、、、、、、

言葉

言葉とか文章とかに表現したとたんに

真実が無くなってしまう、、、、、、

そこには意味があるから、、、、

無理やりあてはめた意味があるから

僕の思っていることは、、、、

思っている時点が真実である

誰かに伝えたくて

それを表現したとたんに

それは違うモノになってしまう

どんなに言葉を選んでみても

どんなに心を込めてみても

自分ではうまくいったと思っても

伝えたい人の心は僕の心と違うモノ

心が違うと意味が違うモノになってしまう

だから思っていることをテレパシーで伝えたい

神について

あなたは神を信じますか、、、、

僕は信じます

なぜって、、、、、、、、

神は、、、、僕自身だからです、、、、、、

世の中には意味があります、、、、、

世の中は、とても大切な意味を持っています

なぜって、、、、、、、、

僕がここで生きているからです、、、、

僕が死んだら僕の世の中はなくなります

だから僕は神であり、、、、

だから僕は世の中なのです

僕がいなくなったら、、、、、

すべてのモノが”無”になります

だって、僕には何も見えないし、、、、

だって、僕には何も感じることができないから、、、、

だから僕は神であり、、、、

だから僕が死んだら世界も死にます

だから世の中は意味を持っています

僕の生きている世の中だからこそ意味があるのです

僕について

僕は神です、、、、、、、、、、、、、、、、

宇宙について

宇宙には二つのものがあります

物質の宇宙

僕とあなたが生きているこの宇宙です

もう一つの宇宙

僕の中にある宇宙です

これは神と呼ぶこともあります

あっ、、、、、さっき言いましたよね

僕は神ですから、、、、、、

あなたも神ですよ、、、、、、、

もう一つの宇宙は僕やあなたの”魂”のことです

今(続きと、、まとめ)

僕は先月(2016年5月)に

何十年ぶりかでプログレッシブロックのライブに行きました

日比谷野音で、2016年プログレフェスが行われて

ひょんなきっかけで行くことになりました

幸せな気分になりました、、、、

幸せをいただきました、、、、、

あ~~~~やっぱ僕はプログレが好きなんだな~~~

と心から思いました

ですからこのプログレに記事を5ページも書いてしまいました

嬉しくて、、幸せで、、、泣きたくなるほど、、、、

いや、泣いてしまいました、、、、感動して、、、、

だから、YouTubeで動画まで作ってしまいました

これまた5本も投稿してしまいました

このブログは本気で書きだしてまだ3カ月ほどです

まだまだこれからいろいろ書いてゆくつもりです

その中で僕は、プログレッシブロックのことを書いてゆくことに決めました

先ほど書いたように僕はプログレッシブロックに目覚めたのが中学校の時

そして今回のプログレフェスでまたまた目覚めてしまい

この感動をあなたにも伝えたくてたまらなくなりました

すでに書いた記事中に僕はプログレのことを”神に一番近い音楽”と書きました

そして、このブログで

神とはあなた自身であり

僕自身である

と書きました

だから僕に一番近い音楽であり

あなたに一番近い音楽である

ということです

プログレは

人生を生きて行く

創造と考え方を教えてくれて

一緒に考えてくれるのです

だから

僕が思っていることを

僕が想像していることを

創造したものを、、、、、、

プログレの音楽を聴いて得たモノを

あなたと共有するために

「プログレの作法」として

書き続けることにしました

今回はスタートの記事です

ここまで読んでくれたあなたは

きっとプログレが好きですよね、、、、

一緒に、神として生きていきましょう

今は21世紀ですが

永い付き合いになりますよ、僕たちは、、、、、、

魂は生き続けますからね、、、、、、、、、、

2016年プログレフェス1プロローグ日比谷野音に神降臨

*******

プログレフェスの記事です↓

**********

2016年5月22日日比谷野音は熱かった体も心も

まずはプログレフェス概要です

ピンクフロイドとジェネシスにキャメルが天災人災の日本に舞う

ピンクフロイドとジェネシスにキャメルが天災人災の日本に舞う

清らかな空に似合うのはプログレの抒情詩以外にはない、僕のイライラした感情のやり場のなさを吹き飛ばすために、1970年代から復活してきてくれた…

*********

スタートバンドは原始神母

日比谷ピンクフロイド成冨ミヲリ原始神母ラブリー・レイナ

日比谷ピンクフロイド成冨ミヲリ原始神母ラブリー・レイナ

日比谷公会堂2016年5月22日pm:400~ピンクフロイド降臨する、オリジナルメンバーがいなくても原子心母は降りてきた、原始神母に乗り移り…

**********

限りなき透明に近いグレーのスティーヴ・ハケットがけがれなき心で奏でる創世記

スティーヴ・ハケットのパフォーマンス創世記復活ジェネシス

スティーヴ・ハケットのパフォーマンス創世記復活ジェネシス

ジェネシスの和訳は創世記、2016年5月22日にスティーヴ・ハケットが日比谷野音に現れたのがピーター・ガブリエルの支配下で唯一マイペースで実…

***********

キャメルの日比谷野音プログレフェスにロジャー・ディーン不似合い

キャメルの日比谷野音プログレフェスにロジャー・ディーン不似合い

あー、やっぱプログレっていうとロジャー・ディーンかってことなんだけど、、、僕は違和感があった、この日まずはピンクフロイドのトリビュートバンド…

記事を読む

***********

2016プログレフェス神が舞い降りた日ファンタジーをかぶって

2016プログレフェス神が舞い降りた日ファンタジーをかぶって

プログレッシブロックは限りなく神に近いアートである、その証拠にピンクフロイドがスペクタクルを、ジェネシスが不思議なお伽を、キャメルが抒情詩と…

記事を読む

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn