76年八王子の美大と荒井由実の出身地と俺たちの旅と僕の現実

ひこうき雲俺たちの旅

今、荒井由実の”ひこうき雲”を聴きながらこの文章を書いている

僕はあのころも荒井由実のデビューアルバムを聞いていたのだろうか

高校3年が過ぎ去り

新宿から八王子の心象風景を経験しはじめたころのことである

1976年のことだ

たぶん聴いていた

それと中村雅俊の俺たちの旅

ベルベットイースターもだ

スポンサーリンク

100万歩あるいてもこれだけは絶対に忘れない

あんど

絶対に譲れないことことがある

それは

ぼくは愛を信じていた

間違いのない確信の愛をだ

それはそこにあった

僕の手もとにあったのだ

俺たちの旅を実際に聞いていたのは高校時代だったかもしれない

八王子にある美大に入ったそのころの僕は

高尾のアパートで実践していた

もちろん俺たちの旅を実践していたということだ

ドラマに似た生活ということではなく

匂いが似ていたのだ

そんな生活に浸っていた僕は

中村雅俊の俺たちの旅を聞いている暇なんかなかった

スポンサーリンク

これは荒井由実のベルベットイースターにも言えることだ

僕は高校時代にベルベットイースターを聞きまくっていた

高尾の風景は僕にとってベルベットイースターを思い起こさせてくれたので

何もターンテーブルにレコード針を落とすまでもなく

僕は愛を満喫しながら心でベルベットイースターを奏でることができていた

そんな記憶が今でも間違いなく僕の青春を刻んでいる

借りていたアパートから学校に行くまでの道で

僕はベルベットイースターを満喫していたのだ

心象風景そのものがその曲でいてくれたから

ただそのころの僕にはどうしても欲しいものがあった

生活に満足していたのかもしれない18歳の僕に

どうしても欲しいものがあった

それは宇宙的な愛

とても抽象的に聞こえるかもしれない言葉だが

僕にとってはかけがえのない大切なものである

スポンサーリンク

そのころの僕は

宇宙的な愛を探すために

そのために

八王子にあるこの美大に来たのだから

しかし宇宙的な愛を探すことは

とりとめのないことであった

まるで水の中にある気泡を手ですくい取るようなことであり

手につかんだ瞬間に宇宙に逃げてゆく童夢の形をしていた

僕は今でも探し続けている

とりとめのない”宇宙的な愛”を

そういえばムーディーブルースのアルバム”童夢”の話をするのを忘れていた

これは次の機会にしよう

1976年の八王子の空気は俺たちの旅とベルベットイースターが似合うから

僕はこうして1976年の八王子の空気を満喫しながら新しい旅を始めた

そこにはいつも

ひこうき雲と

俺たちの旅と

ベルベットイースターが

僕に寄り添ってくれていたのだ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn