テキスタイルとは何|あらゆる布製品の材料の生地&アート

目次
1テキスタイルとは

テキスタイルって何?あまりなじみのない言葉ですね。服や小物インテリアなどの身の周りの布を使った製品の材料及びその柄(アート)のことを指します、もちろん屋外のテントや街の看板や日よけ車や新幹線の座席シートなどもテキスタイル製品です

テキスタイルとは

**********************************************

スポンサード リンク

***********************************************

アートなテキスタイル雑学

今日はテキスタイルの大きな流れを見ていきましょう

テキスタイル製品の大きな流れ

世界中に原材料がありますその原材料が私たちの生活するあらゆる場面で活躍しています

まずは大きな流れのパネルをご覧ください↓

テキスタイル製品世界への流れ

YouTube動画で説明動画を作っています↓

このように、世界各地に材料があります

材料には、綿(コットン)や毛(ウール)などの天然繊維とポリエステルやナイロンなどの合成繊維を作る石油など様々なものがあります。それらの原材料は地球上のあらゆる地域で採取されます

その原料を糸にします

糸になった材料は1次元の線上ですので2次元の面にするために糸を使い布にしていきます

布は生地、布帛、など色々な呼び方をしますが大きく分けると織物とニットの2種類のわかれます

細かい説明は追っていろいろな内容で行っていきますので今日は大きなククリの話だけをしますね

糸から布帛へ(織物)

まずは織物とは縦横の糸を絡ませて一枚の布にしていきます、いわゆる織りです

この場合出来上がった生地のことを織物、布帛などと呼びます、特徴は出来上がった生地自体は伸び縮みしません、ストレッチ素材という伸びる生地もありますがこれはゴムなどの伸びる材料を混ぜて織り上げていきますので、生地自体の組織は非伸縮性です

糸からニットへ(編み物)

次に編み物とは基本的には一本ないしは複数の糸を絡ませながら2次元の平面の生地にしていきます

この場合出来上がった記事のことをニット、カットソー、メリヤスなどと呼ぶことが一般的です

セーターなどの服の形態は横網ニットなどと呼び、これはまた製法が違いますがこれもまた別の機会に話しますね、ニットの特徴はご存知のように伸び縮みします。織物と違い編み物は糸を絡ませながら面にしていきますので糸と糸の間にすき間(遊び)ができますために自由に動きやすい組織なので伸縮性があるわけです

織物とニットはそれぞれの特徴を生かした製品へ

テキスタイル製品

世の中には伸びてはいけないモノと伸びなくてはいけないモノがあります

たとえば、綱引きの綱→伸びたら勝負にならない

たとえば、輪ゴム→伸びないとモノを束ねられない

まあ、これらは極端な例ですが、洋服でもTシャツなどのカットソーや肌着類も体にフィットしてしかも着脱しやすい素材でできています

一方、バシッと決めたいジャケットは型崩れしづらいしっかりした織物でできた生地がいいですね

TPO(時と場所と場合)にもよりますが、色々な特徴を生かした製品を作ることが必要です

テキスタイル製品は、生活のあらゆる場面で使われていますが、大きく分けるとこの2つの特徴になります

スポンサード リンク

テキスタイルの染織、染色、加工方法について

世界各地で取れた原材料を使いテキスタイル製品は作られるわけですが、テキスタイルには布にする際もう一つの大きな制作過程があります

これからお話することも細かい話は後々していきますので今日は大まかな話として聞いてください

それは2つあります

平面の布を使いやすくするための加工方法

平面の布を見栄え良くするためのデザイン方法

この2点です

染織と染色

染織と染色は共にせんしょくと読みます

意味するところは

染織は文字どおり染めることと織ること、この場合の織という言葉にはニットの編むも含まれていると思ってください、要は糸を染めたり布にしたりすることを染織といいます

染色は文字どおり色を染めることです

なぜあえて、この二つの言葉の説明をしたかというと布に色柄を付ける方法は二種類あるからです、その一つは先染め、もう一つは後染め、これらの違いは糸の段階で染色するか布になってから染色するかの違いです

先染め

糸の段階で染めること(糸染め)主にチェック、ストライプなどの格子柄とジャガード(織組織で具象画らを表現する技法)などです

後染め

布に織り上がった生地は一定の長さの状態で巻き取ります(反物)がその巻き取る前に染色します、その際無地で染める方法と柄にする方法があります。無地染めとプリントになります

先染め、後染めにもそれぞれ色々な手法がありますがそれも又いずれお話しましょう

加工方法

次に加工方法ですが、まずはなぜ加工するかですが、これには2種類の意味があります

その一つは綺麗に染めるための下処理です

もう一つは用途に応じた使いやすくするための加工、つまり記事の風合い出しと機能的な後加工です

風合いはたとえば、服の場合柔らかく着心地の良いものにするためですとかしっかりとしたシルエットが出せるように生地に張りを持たせるなどの加工ですね

それに機能的な処理をする場合があります、レインコートなどのように雨よけのためには防水加工やコーティング加工などがあります。それぞれの用途によって必要な加工をする技術があり、それらは日々進歩しています

まとめ

今日は、テキスタイル講座1として、テキスタイルとは何かということで基本の話をしました

これから先、色々なテキスタイルについての話をしていきたいと思います

ファッションはもとより生活の基本的素材であるテキスタイルを面白く話していく予定です

今日は、世界中の原材料がどのように加工されて繊維製品になるかを大きなククリで話しました

一言でまとめると

世界中の原料を使い糸を作り布にしてかっこいいデザインと使いやすい機能を加えて製品を作りまた世界中に送り届ける。その用途は生活全般に活かされている

ということでした、それでは次回にまた、、、、、、、、

***********************************************

スポンサード リンク

★★★★★★★★

FaceBookページ↓

デコドルフィンのアート法

Twitter↓

Hideki Sugihara

★★★★★★★★

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする