シルバーナ・スペラーティ奇跡のレッスンまとめ|本当に大切なものとは

目次
%e6%9c%ac%e5%bd%93%e3%81%ab%e5%a4%a7%e5%88%87%e3%81%aa%e3%82%82%e3%81%ae

子供が絵を描く、大人が絵を描く、この違いは何でしょうか、僕はこう思います、心で描くか、技術で描くか、これは気持ちの問題です、心で描くということは素直な気持ちで描くということです、技術で描くということはうまく描いてやろうという邪念で描くということです、さてどっちの絵が上手い絵であり、どっちの絵が旨い絵でしょう、、、、

スポンサーリンク

4回にわたるレッスンの内容

レッスン1いろいろなタッチで描いてみる

1まとめ

ここでは初回ですのでまずは描いてみることで書くという行為になれることが目的です

なれるということは素直に向きあうということです

ですので色々試して

自分に好きな

自分のお気に入りの描き方を探す作業ですね

どんな強さのタッチが好きか

どんなスピードで描くのが好きか

どんな道具で描くのが好きか

どんな色で描くのが好きか

いろいろと試してみました

1いろいろなタッチで描く

その結果自分が描いたタッチと友達や周りの人が描いたタッチと比べてみて

自分よりうまいか下手か

自分よりうまい人がいたら

思いっきりマネをしましょう

上手い人を見つけたということは

いいものミッケです

自分にないものを気にいったのであれば

思いっきりマネをして自分のモノにしてしまいましょう

ちなみにここでは自分の幅(キャパ)を広げることが目的です

人マネは大切な勉強ですからね

それともう一つ大切なことは

気に入ったものを見つけるということが大切なことであって

人が描いたものと自分が描いたものを比べて優劣をつけるということではないのです

あくまでも好き嫌いでいいのです

嫌いだからといってその嫌いな絵(タッチ)を描いた友達が

絵が下手ということではないので勘違いをしないように

絵に上手い下手はありません

心で描いたタッチに優劣はありませんよ

好き嫌いでいいのです

レッスン2外に出て草木に触れ合う

2まとめ

2回目は外に出て自然に触れることを体験しました

テレビ番組では多摩川に行って河川敷でいろいろなモチーフを描いたり

3回目のフロッタ―ジュをしたりしました

まずはモチーフを速く描く

素描をしました

素描とは簡単なスケッチでデッサンみたいに細部までしっかり描かなくていいので

早く仕上げることです

字で言うとメモみたいなものです

思ったことを忘れないように覚書するようなものです

心で描かないと速く伸び伸びとした絵になりませんので

とても大切なレッスンですからね

僕はここで花と草原の絵を描きました

そして風が吹いてきて風に吹かれている花と草原を

頭でイメージして描きました

想像で描くのです

風に吹かれているイメージをです

正確に描くのではなく

イメージで描くのです

正確に描こうとすると

その途端につまらない絵になってしまいます

自分のイメージを大切に描くことが一番です

レッスン3魔法の技法フロッタ―ジュとは

3まとめ絵

次はフロッタ―ジュ

一言で言うと写し絵です

上のパネルのように自分で凹凸のあるモチーフを探して筆記用具で上からなぞります

テクスチャーの訓練ですね

物の持つ質感を感覚的に覚えることができるのです

魚拓(ぎょたく)もこのテクニック(フロッタ―ジュ)です

レッスン4穴をあける(空間のアート)

4まとめ絵

さて4回目は僕のブログの記事の最終回です

番組ではシルバーナ・スペラーティさんが紙に穴をあけていろいろな物に応用する授業をしていましたが

僕は趣向を変えてファッションに応用してみました

テーマは穴です

今回は何かを描くではなく

空間を使う

空間もモチーフの一つであるということで穴をいかに使うかという内容です

Tシャツのわきの下に穴が開いてしまい

それを使っていろいろな着こなしを提案するという内容で紹介しました

スポンサーリンク

本当に大切なものは何

さてここまで4回にわたって記事を書いてきました

シルバーナ・スペラーティは番組の中で自分が絵を描きません

この奇跡のレッスンの意味するところはいったい何なのでしょうか

僕はNHKのこの番組

NHKドキュメンタリー – 奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたちのアート編

をたまたま見ていたのですが

最初から最後まで見終わったときにまず思ったことは

自分と考え方が似ている人だな

ってことなんです

だからこのシリーズでYouTube動画とブログで自分なりにまとめてみたいな

と思い今回で5回にわたって描き進めてきました

番組のとても良い内容に共感を持ったわけです

ですので、自分の素直な気持ちで記事を書き進めることができました

シルバーナは番組の中で

絵も描かず具体的なアドバイスもしません

していることはただ一つ

子供たち一人一人の個性をひきだすことなのです

シルバーナさんは子供たちの個性を引き出す手伝いをしているだけなのです

ですので番組の趣旨は

シルバーナが意図することは

自分の個性を引き出す

これがこの番組(レッスン)の趣旨でありテーマなのです

だから僕もそのレッスンの内容と同じテーマでこの記事を書き進めてきました

今回の記事5回にわたって

僕が何度も言っている言葉があります

  • うまく描こうと思ったとたんにつまらない絵になってしまう
  • 心で描くことが大切
  • 技術はいらない
  • 素早く描く

これらはどれも頭で考えないで感覚で描くということなのです

4回目のTシャツの穴あきにしても

頭で考えてしまったら

穴の開いたTシャツなんかみっともなくて着れるか

になってしまいますね

僕は絶対に大切な服は捨てません

ならばどうすれば大切にできるのか

ここで考えるのです

活かすためにはどうすればいいのか

誰だって人よりうまい絵が描きたいに決まっています

でも上手い絵ではなく

旨い絵が大切なのです

人が見て感動する絵は

じょうずな絵

ではなく

うま味のある絵

なのです

じょうづな絵を求めたらきりがありません

上には上がいます

しかも上手なだけの絵は感動しません

そこに心が宿った絵だからこそ人は感動するものなのです

だから人より上手な絵を目指すのではなく

自分だけしか描けない絵を目指すことが大切なのです

だから心で描くのです

だから子供のように心で描く絵を目指すのです

大人になったとたんに筆が進まなくなった経験はありませんか

上手く描こうと思ってしまうから

素直に描けなくなってしまったから

だから筆が進まなくなってしまうのです

子供も大人も変わりません

だかが、20年や50年早く生まれてきただけではないですか

心で描く準備さえできればいつでも素直な絵を描くことができるのです

これは絵だけではありません

人生にとって大切な心構えです

本当に大切なものは自分の個性です

人生も絵も同じです

本当に大切なものは個性です

自分だけの個性が大切なのです

個性は自分だけが持ち合わせた

自分が一番得意なものです

自分が得意な分野

自分が得意な絵のタッチ

自分が得意な着こなし

自分が得意な料理

どれもこれも自分だけが持ち合わせた

人にはできない自分だけのものなのです

それが自分の個性です

だから自分の個性が一番大切であり

自分だけしかできないことは人のためにもなるのです

誰にもできない自分しかできない手助けもできるのです

これが自分の個性です

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn