アートを作る方法|何を作ったらいいかわからない人の為に

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
アートを作る方法何を作ったらいい

なんかを描きたい、何かを創りた、でも何を作ったらいいのかわからない、そんなふうに思っている人は必見です、すらすら作れますよ

***************************

悩み.png

 

スポンサーリンク

何を作ったらいいかわからない

とにかく何かを作りたい

だけどどうすればいいかわからない

まずは何を刈ればいいのか

考えだけで手が動かない

などなど色々な悩みがある人

あなたは好きなアーティストやミュージシャンなどあこがれの人がいますか

必ずいるはずです

いなければ

あなたは、アートが好きだからこのサイトを訪れているはず

アートが好きということは

必ず、好きなあこがれのアーティストやミュージシャンなどのクリエーターがいるはずですね

身近な人であっても俗に言う有名人であっても

必ず、そういう人が一人はいるはず、でなければアートに興味すらないはず

まずはここがスタートです

オリジナルを作りたいけれどそれってどうすればいいの

オリジナルというものは好きなものでなければ絶対にできません

たとえば、あなたの勤め先がアパレルだとして

洋服を作っているとします

そこで作られている商品が嫌いであれば

いい商品を作れるわけがありません

即やめるべきです、作るのをです、会社をです

それと同じで、オリジナルというものは

自分が好きなものでなければ絶対にありえません

自分のオリジナルだけど好きではない

これはありえないことです

それほどオリジナルというものはオリジナルなのです(笑)

言い方を変えるとオリジナルというものは、自分自身なのです

だからオリジナルを作れない人は自己表現ができていない人なのです

でも、さっき例にあげた勤め先と違い

自分はいるので、その自分を表現すればいいのです

その自分が好きなもの、好きなアーティスト好きなミュージシャンを想定して

想像して、真似から入って、作り上げたものが

自分の好きなものであり、自分のオリジナルなのです

************************

スポンサーリンク

*******************

人にできない自分だけのもの

真似をしても自分が作れば自分のオリジナルなのです

それを繰り返し、好きで、楽しいと思うことをやることが

正しいオリジナルです

繰り返し作ることで、本当の自分のモノになります

それは自分しかできないモノです

どんな形でも、どんな色でも、どんな素材でもどんな大きさでも

そんなことはどうでもいいのです

凝り返すうちに、もっともっと洗練されてどんどん良くなっていきます

まとめ

何を作っていいかわからない場合

自分が欲しいものを、好きな人の真似をして

好きに作りましょう

それがオリジナルです

嫌いなものは決して見なくていいです

嫌いなものは、自分から遠ざけましょう

********************************

スポンサーリンク

アートの作品と学びと哲学について一言
突飛工房デコドルフィンではアートの学びと哲学を投稿しております、一言でアートといいましてもいろいろなとらえ方がありますが、ピカソのように作品はモノをではなく物語を売る、シルバーナ・スペラーティのように技術の前に考え方を学ぶそんなサイトにしてゆきたいと思います

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする