人生こそオリジナル作品|人生を生きることアートを作ること

目次
人生こそオリジナル作品人生を生きることアートを作ること

オリジナルにこだわる理由|人生を生きることアートを作ること,人生はオリジナル作品だ、卒園アルバムを完成させて余韻が残っている今どうしても書きたいことがあります、忘れないうちに、それは愛の話です

*******************************

オリジナルにこだわる理由と自分を大切にすることの意味.jpg

 

スポンサーリンク

くさい話から始めるがくさいほどいいのだ

今これを読んでくれているそこのあなた、、、

気持ち悪いと思っているでしょうね

何が愛の話だ、お前はクソか、、

とか

昭和生まれかお前は、、、

とか

いわれそうですが昭和生まれで

しかもミッドセンチェリーで

だからではないのですが、思うことを話したいです

それは

自分を愛すということです

益々くさいでしょ?!!!!

ちまたでよく言う

自分を愛せない奴が人を愛せるか

ではなく

自分を愛せなければオリジナルを作れない

という話です

では、なぜオリジナルがそんなに必要なのか

なんていう人はこのブログを捨ててください

このブログはオリジナルを語ることがテーマなんだけど、、、、、

オリジナルがあって当たり前の世界もある

たとえば俗に言う芸能人や有名人といわれる人

よくテレビになんか出てる人とか

彼ら(彼女ら、どっちでもない人たち)なんかはオリジナルが無い人は一人もいない

オリジナルが無ければ有名になんかなれやしない

悪いことをやって有名になった人も含むけど

今話をしてるのはオリジナルの話で

良い悪いの話ではないので

オリジナルを出さなくても生きてゆけるけどそれってつまらないじゃん

それに対して一般庶民はオリジナルを出さない人だらけ

僕が見ただけでもほとんどの人は

オリジナルを出してない

ここで僕は話を微妙に変えたのだが

オリジナルについて

有る無い

から

出す出さない

変えたのだ言い方を

なぜならオリジナルがない人は一人もいないのだ

あるけれど出していないのである

芸能人などのタレント活動をしている人は

出さないとやっていけないから出している

ただそれだけの話

オリジナルを出すことは自己主張だらけのパフォーマンスのことではない

自己主張だらけのパフォーマンスをする奴がいる

僕はあまり好きではない

そういうやつほど中身がないもんだ

ここでいうオリジナルを出すということは

他人に対して自己主張することではない

自分で自分を知って、しかも自分を好きになるということだ

そしてそんな自分を自分に対して出すことがオリジナルなのだ

自分を嫌いな奴はいないというと

バァカっ!!!俺は自分が嫌いだ

というやつがいるかもしれない

そいつはかんちがいをしているだけだ

人はみんな自分が好き

僕はAKB48のファンだ!!

とか

僕は君を愛してる!!

とか

僕は母を一番愛している!!

とか

みんな言っちゃってるけど、それってみんな勘違いをしている

僕は僕のファンだ

僕は僕を愛している

僕は僕が好きだ

が正解である

人はみな、自分が好きなのだ

ただ勘違いをしているだけなのだ

それに気づいた時にオリジナルは生まれる

生きていること自体が勘違いと良く言うが

これも勘違いだ

***************************

スポンサーリンク

*************************

生きていることだけが唯一のオリジナル

生きていることだけが唯一オリジナルであって

勘違いではないのだ!!!

オリジナルを出すということは

とことん自分に向き合って生きることである

人の目を気にする必要はない

みんな勘違いをして生きてるものだ

本当の思いやりとは

じゃー、オリジナルを出すということは自分勝手なだけじゃないか

それも違う

本当の思いやりとは、本当の自分で人に接することだ

人を思いやるということは

精いっぱい自分を出し切ることであって

人に媚(こび)を売ることではない

オリジナルにこだわる理由!人生こそオリジナルのアートだ

スポンサーリンク

アートの作品と学びと哲学について一言
突飛工房デコドルフィンではアートの学びと哲学を投稿しております、一言でアートといいましてもいろいろなとらえ方がありますが、ピカソのように作品はモノをではなく物語を売る、シルバーナ・スペラーティのように技術の前に考え方を学ぶそんなサイトにしてゆきたいと思います

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする