お名前ペンでオリジナルのペイントTシャツ

目次
2

 

今日は、百円ショップなどでも気軽に入手できる
お名前ペンを使っての手描きのTシャツの作り方です
まずはペンの選び方を話していきますね

 

**********************************************

2-1

スポンサーリンク

100円ショップで売ってるお名前ペンを使う

ペンで描くと
イラストや繊細なタッチの絵が描けますので
最初の作品などはこれがおすすめですね
どこで購入するかですが
基本的には文房具屋さん
サインペンコーナーなどに行って
油性のペンを購入すればいい分けですが
お子ちゃまの靴や服の名前を書くために作られた
専用のペンがあります
いわゆるお名前ペンですが
これも基本的には油性のペンですので
普通の油性ペンと同じ成分だと思います
もしかしたら、特に洗濯に強い成分が入ってるかもしれませんが
どちらでも大丈夫です
僕は、ちょっと大きめの100円ショップに買いに行きます
基本的に1本108円で購入できるので何本か購入しても
単価が決まってますので安心ですので
種類もいろいろあります
お店によっても違いますので
もし、近くに100円ショップがあるようでしたら是非是非
行ったほうが早いと思います
種類というのは

スポンサーリンク

描きたいものでペンの太さを選ぶ

まずは太さ
ボールペンになってる超細字から
筆ペンのような先端がフェルトですが太めのモノ
細いペン先と太いペン先が両側についてるものもあり
便利なのですがはじめは自分の気にいったものを
1本ずつ買って使ってみてください
使いやすさが全く違いますので
上履きのような固めの生地と違いTシャツは柔らかい生地です
しかも、ニット素材(カットソー)ですのでなれるまでは描きづらいです
使ってみてから気に入ったものを複数購入したほうがいいと思います
次にペンの色ですが

ペンの色は黒が基本

まずは黒が基本ですね
種類にとっては、赤、緑、青など
何色かありますが、黒があればあとの色はいりません
なれてきてから使い方を工夫すればいいでしょう
いづれにしてもペンで描くのが手描きのTシャツの基本です
まずはペンを購入してから描き始めましょう
この手法は準備するものはペンだけですので一番簡単
是非やってみてください
それでは今日はここまで、、、、、
明日は、いよいよ書き始めてみましょう
最後までお付き合いありがとうございました
それではまた明日、、、、、、、、

アートの作品と学びと哲学について一言
突飛工房デコドルフィンではアートの学びと哲学を投稿しております、一言でアートといいましてもいろいろなとらえ方がありますが、ピカソのように作品はモノをではなく物語を売る、シルバーナ・スペラーティのように技術の前に考え方を学ぶそんなサイトにしてゆきたいと思います

創作図鑑

★★★

ストックフォト

★★★

★★★

Adobe Photoshop

★★★

ScreenPresso

スポンサーリンク

FaceBookページ↓

デコドルフィンのアート法

Twitter↓

Hideki Sugihara

★★★★★★★★

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn