ピカソの絵は上手い?下手?上手い絵ほどつまらない視点が大切

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
ピカソの絵は上手いか?下手か?

アートがうまくなりたけりゃ忍耐力を磨くことです、そうです我慢です、ただひたすら我慢です、あなたはピカソの絵と子どもの絵の共通点を知っていますか、そうです!!下手なところです、そして視点が大切です

**********************************************

アートの上達方法.jpg

 

スポンサーリンク

上手な絵はつまらない

まずはじめに言っておくことがあります

上手な絵を描きたいと思ってはいけません

上手な絵が描けたとして

ただそれだけでつまらない絵になります

これは、基本です

大前提です

自分を出して個性のみを大切にする

ですから、とにかく自分の個性を出すことが大切です

自分の個性を出すことのほうが

上手になることよりも

難しいですよ

上手になるのは簡単です

個性を出す方が時間とセンスが必要ですから

たとえば、若い頃のピカソの絵でもわかるように

そうですね、「青の時代」と呼ばれているころの

ピカソです

絵がうますぎてありえないくらい凄いです

でも面白くない

大人になったピカソに比べて

面白さが全くない

逆に、ピカソの絵は下手に見えます

誰が見ても下手に見えます

偉い人から、お前はピカソの絵を知らない愚かモノだといわれても

僕は言いきります

ピカソの絵はうまくないです

だからいいのです

うまくないからいいのです

あんな絵は生半可な大人には

絶対に描けないですよ

だから大人になったピカソの絵は凄いのです

うまくないからすごいのです

個性以外の何物でもない

***************************

スポンサード リンク

*********************

水が沸騰するように

では、そうなれるかどうかは別として

そうなるためにやらなければいけないこと

それを話します

それは

水が沸騰するまでやり続けること

ただそれだけでいいです

ただそれだけをやりつ続けてください

いつか必ず水は沸騰します

火をつけている限り

沸騰する前に火を止めてしまうとそこで終わり

60℃で止めてしまうとあとは冷めるだけ

90℃で止めてしまってもあとは冷めるだけ

100℃にならないと水は沸騰しません

それと同じで60回描いても90回描いても

沸騰しなければ効果はありません

水の場合は100℃です

絵を描く場合は100回かもしれません

1000回かもしれません

人によっても違うでしょう

描くという行為ではなく

何かを作ったり何かを削ったり

別の行為によっても違うでしょう

1000回ではなく10000回かもしれません

256回かもしれません

とにかく沸騰するまでです

それまでは何が何でも進めるのです

何が何でも繰り返すのです

沸騰するまでです

どのように沸騰するのか

水は99℃までは水蒸気が出る程度で沸騰しません

100℃になるまでは沸騰しないのです

描く行為も一緒です

仮に100回でうまくなるとして

99回ではだめ100回までやらなければ

では途中でやめたくなったらどうする

意気込みは誰でもなくなる

**********************************************

水がお湯に.jpg

******************************

スポンサーリンク

**********************************************

では途中でやめたくなったらどうする

意気込みは誰でもなくなる

絶対に頑張ってはいけない

最初は誰でも意気込んで始めるもんですね

やる気があって一生懸命だから頑張れる

でも90回以上もやったのに全然だめだったりしたら

誰でもめげて放り出すに決まってる

100回で上手くなるとわかっていればまだしも

それすらわからないわけですから

最初は頑張る気持ちがないと

まず、行動しませんよね

でも成果がないとやる気は失せてくるのは当然

だから頑張ってはいけないのです

もちろん最初は頑張ってるわけですが

やる気が失せたらそのままでいいのです

そのままでなければだめ

やる気になろうなんて考えては駄目

決してやる気を起こそう何で考えないことです

そんなことを考えたら

ストレスが溜まって帰って良くないからです

0を1にするためにはやる気が必要

やる気が無ければ始めないので

1から100にするにはやる気はいらない

ただやればいいのです

やる気はいりません

やる気がなくてもただやればいいのです

毎日毎日ただただやればいいのです

大切なのは待つことのできる忍耐力

ただやるためには

ただやることが必要

ただやるために必要なのは

やる気ではなく

忍耐なのです

我慢してやるのです

やる気はいりません

我慢する忍耐があればそれだけでいいから

ただやればいいのです

あなたはただやればいいのです

そうするだけで

必ず沸騰点が来ます

間違いなく来ます

スポンサーリンク

アートの作品と学びと哲学について一言
突飛工房デコドルフィンではアートの学びと哲学を投稿しております、一言でアートといいましてもいろいろなとらえ方がありますが、ピカソのように作品はモノをではなく物語を売る、シルバーナ・スペラーティのように技術の前に考え方を学ぶそんなサイトにしてゆきたいと思います

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする