暴れるイグアナ逃げるグリーンイグアナなつかないなれないならすにはなれてくれ頼むから

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
イグアナが暴れる

グリーンイグアナのアザンティックブルーイグアナを飼いだして40日目にこんな記事を書いたんですね

グリーンイグアナの子供のならし方は常に接すること

幼体のイグアナはなかなか慣れないで困ってしまうんだけど

我が家のアザンティックブルーイグアナのソラリス君(メスかも?)は拒食なので毎日2時間は一緒にご飯を食べているんで慣れています

飼いだして約100日ほどたった今でもまだそんな拒食の日々なので、、、、

スポンサーリンク


グリーンイグアナはなつかないのか

結論から言うと懐(なつ)きます

馴(な)れるだけではなく

なつきます

一般的にはなつかないといわれているが犬を懐くと言うならばグリーンイグアナも同じです

子供のイグアナは素早い動きで幼体なので体重も軽いし反射神経も半端ない

だけども普段は

のんびりと

だらだらと

ゆっくりと

しているでしょ、、、、

これはこの場になれている証拠です

たとえ好きではないケージでも飼育ケースでも

なれてきているので寛(くつろ)いでいることができるのですヨ

人が近づいて来たり触ろうとしたりすると

途端に

口を開け威嚇する

しっぽを振り攻撃する

素早く逃げる

だがそれには訳があります

危険を察知したからですね

スポンサーリンク


イグアナと自分の立場を考えてみる

ぶっちゃけ

犬でもネコでもイグアナでも一緒なんだけど

人も一緒(笑)

自分より何倍も大きい生き物が突然目の前に現れたらどんな動物でもびっくりする

しかも素早く掴まれてみなさい(笑)

僕だったらビビりまくって気絶しちゃうかも

それと一緒でイグアナは恐怖している

とてもたくさん

しかし、、、、、、、、

僕の前に巨人が現れた

どデカい巨人だ

しかも素早くぼくを掴もうとするわけではなく

ゆっくりと歩き

ゆっくりと僕に近づき

ゆっくりと手を差し伸べてくれた、、、、

とてもとても、それはやさしく、、、

どうですか、このロケーションは

巨人はこう言った

「僕の手のひらはいかがです?」

僕はそのやさしさに

僕はその居心地の良さに

ウットリ、、、、、、

そのまま自分が巨人になったと思い

イグアナに対して

ゆっくりと歩き

ゆっくりとイグアナに近づき

ゆっくりと手を差し伸べてあげる、、、、

とてもとても、それはやさしく、、、

どうですか、このロケーション!

そして優しくこう言う

「僕の手のひらはいかがです?」

最初はびっくり

最初は驚き

最初は逃げるでしょう

しかし人と同じ

イグアナもやがてその環境になれて来れば

君のやさしさにきっとなれる、、

好きになった人にアプローチする時

付き合いたくてもすぐには無理な人もいる

すぐにオーケーな人もいる

何も異性にストーカーするのでは無く

ただただその人が好きで友達になりたいのと同じこと

イグアナと友達になるには

そんなアプローチが良い

でしょ。、、、?

スポンサーリンク


自分からなつかなくちゃね

自分からなれたり

自分からなついたり

それが基本

環境になれたイグアナは環境に心地よさを感じる

たとえ飼い主でも

イグアナにとっては環境の一部でしょ

だから自分からイグアナの心地よい環境になることが大切

イグアナは心地よい環境が好きなはず

イグアナは心地よい君が好きなはず

だから自分から積極的に

イグアナの心地よい環境になることが大切

犬は君に馴れる

それと同じに

イグアナも君に馴れる

犬が君になつくなら

それと同じに

イグアナも君になつく

同じ動物だから

人も犬もイグアナも

みんな同じでしょ、、、、、

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn