インディゴチルドレン60にして自分の原点を思うことやアートや爬虫類のペットすべては子供時代につながる自分だけのマイストーリー記憶は今であり未来だ

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
インディゴチルドレンとアートと爬虫類好き

誰でも昔の思いでや記憶は持っているものです

僕にもそのような原点は有るのです

いつの日かそれらの原点は思いでに変わり記憶としてとどまることになります

自分の心の中に

しかし本当にそうなのでしょうか

思いでや

記憶とは

果たして過去のことなのでしょうか

スポンサーリンク

記憶とは過去のものではなく未来のものではないでしょうか

過去に自分が経験したこと

それは今の自分が常に変えている

思いでは今の自分によって変えることができるのです

いや常に変わっているのです

たとえばインディゴチルドレン

僕はインディゴチルドレンという言葉自体つい最近まで知りませんでした

インディゴチルドレンという言葉を初めて知ることになったのは

インディゴデニムに関する記事を書くために

色々なことをネット上で検索している時のことでした

ふと目に留まった言葉が

「インディゴチルドレン」

何気なくクリックすると

地球の波動上昇とか

星の下に生まれたとか

やれ

スピリチュアルなとか

子供のころの病気とか

その他色々

その他もろもろ

(笑)

なんじゃこら、、、、ッてな感じで

インディゴデニムと何が関係あるんじゃ!!!

ッてことで、、、、、、、

しかし僕はその

「インディゴチルドレン」

って人に当てはまるではないか!!

そんな人たちが世の中にはいたんだ

そんな人たちに対する呼び名があるんだ

いやいや

自分と同じような感性

自分と同じような思考

自分と同じような生き方

している人たちがいるんだって、、、、、、

初めて知ったわけですね、、、

その時を境に、、、

僕の過去の

僕の子供のころの

僕の嫌な思いで

友達との関係

できなかった勉強(嫌いって言う意味)

世の中に対するいやな思い

そんなことがすべて

今までトラウマと思っていたことや

今まで劣等感だと思っていたことが

すべてよい思い出に変わったのです

僕の考え方

僕の思考や行動や頭の中、、、、諸々、、、、

それらのすべてが素敵なことに変わった瞬間です

過去は今の自分の思考が変える

未来はすでに自分の中にあり過去に向かって流れて行き

未来によって過去は変わる

過去は未来を作るのでは無く

未来が過去を作り変えるのだ

それらのすべては

今の自分が握っている

スポンサーリンク

たとえばアート

僕は高校の時に美大を志していました

デザインの仕事がしたかったからです

子供のころから絵が好きでした

しかし特別の才能があったわけではありません

ただただ

何となく普通のサラリーマンにはなりたくなかっただけで、、

ただただ人と同じことをしたり

ただただ人と同じ服を着たり

そんなことが大嫌いで

今思うとインディゴチルドレンの特徴が出ていたのかもしれませんね(笑)

しかしそんなこととは関係なく

人ごみや団体行動は大嫌いで

歌謡曲よりプログレが大好きで

都会より田舎が大好きで

束縛より自由が大好きで

だからアートが好きだった

アートは自由です

アートは何のこっちゃって言うくらい

意味がわからない

今でも、、、、、

だから大好き

人は宇宙全体の1%も知らない

いやいや一兆分の1%も知らないでしょうね

だからアートがいいんです

クダラナイ

意味のないのは

人が解明したことです

だって何にも解明していないのと同じことでしょ

人は世間知らずのコンコンチキだ

宇宙から見たら<ホコリ以下>

宇宙から見たら<無に近い>

だからアートが素敵だ

アートは全部知っている

アートは宇宙の全部を表現できるから

科学?

ただの人が作った幼稚な知識

国語算数理科社会

経済?

資本主義?

ばかばかしくて

アートから見たら

超未熟児

そして超幼い知識

スポンサーリンク

たとえば爬虫類のペットについて

去年、60歳を迎えて爬虫類を飼いだしました

インドシナウォータードラゴン3匹

ブルーイグアナ1匹

ケヅメリクガメ1匹

子供の頃に色々なペットを飼っていました

しかし

ある頃から動物のことを考える暇が無くなり

というより

音楽

アート

異性

そんなこんなで興味が多方面に移ってしまったんですね

御多分に漏れず

僕も世間の波にもまれ

いろいろな物事に色気づき

そして

普通の大人になってしまった

別に特別な子供で在った訳ではないですヨ(笑)

ただただ普通に過ごして来たつもりでいたのですが

そこはやはりインディゴチルドレン

世間に対する不平不満は

僕の周りにいる人々達とは違うことぐらいは自分でわかっていました

そしてある日

好きなチャリツーリングをしている際中

一匹の二ホントカゲを捕まえて、、、

それがきっかけで

昔の爬虫類好きが顔をもたげてしまった、、、

もう止まらない、、、(笑)

そんなきっかけでイグアナたちを飼いだすことになりました

これも過去の自分の爬虫類癖を良い思い出と変えることになりました

インディゴチルドレンの思考です(笑)

だから

僕の中のインディゴチルドレンと

僕の中のアートと

僕の中の爬虫類好き

これらはすべてつながり

これらはすべて僕自身であり

これらはすべて未来から来ています

そして過去へと流れて

そして過去が変わってゆく

未来は変わりません

未来はすでに僕の中に形をなしているので

イグアナやドラゴンやリクガメが

僕と一緒に生きていてくれてます

イグアナは人よりも優れていますよ

とてつもない

超能力を持っています

僕は子どものころからそのことを知っていました

ただ

途中で忘れていたのです

今また爬虫類たちの素敵な才能にあらためて気付きました

今また改めてアートの偉大さに気付きました

そして

今また改めてインディゴチルドレンでよかったと思いました

僕は変わりません

何も変わりません

僕は何も見ません

ただただ、感じることをしてゆきます

感じることで

宇宙の果てまで想像できます

そして宇宙の果てまで創造できます

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn