ロマンスは空想から始まる女どもは男像を勝手にあてはめているだけ愛しもせずに

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
ロマンス

アンディ・ウォーホルは言う、人は空想をするが問題はそこから始まると、、、、ロマンスはそれがなければ始まらない、だが僕の彼女は空想をせずに僕を愛してしまった、果たしてロマンスが生まれるのだろうか、僕と彼女の間に、、、

スポンサーリンク

ファッション

男の場合お洒落のし過ぎは、オカマか、ナルシストに間違えられる

だが

男はそれ以上にナルシストにならなければ本当のオシャレを獲得することはできない

男は真の美学がなければお洒落を獲得することにはならないのだ

なぜならば男のお洒落とは哲学によって左右されるからである

スポンサーリンク


ロマンス

ここであえて女性という言葉を使うが

女性の場合

可愛らしさが美学である

可愛らしさに哲学はいらない

だから女性の美学には哲学は無いほうがいい

そこにただ可憐な心があれば

それだけで男は満足する

女性自身は自ら可憐以外のモノをプラスしたがるが

男はその行為を許したほうがうまく額におさまるだろう

しかし男と女はただそれだけの問題である

そんなことよりも

男は男の

女は女の

それぞれのロマンを見つめたほうがいい

ロマンスはそこから生まれる

ロマンスっていうものは本当にいいものである

ここのあるものは温かい空間

ほかには何もないほうがいい

あとは愛するだけでいい

アンディ・ウォーホルの言葉

恋愛の兆候は体の中の化学物質が変になる時だ。だから恋愛には確かに何かあるのだろう、化学物質が確かに教えているのだから。

その時代は1970年代をつくった、、、地球上に、、、、

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn