赤抜けた10歳の子どもよりも100歳の老人のほうがかっこいいオシャレは生きた証の物語だから

目次
100歳と10歳カッコいいのは

いいおしゃれとは自分の物語を作るように着こなす事です

それは人にはまねのできないあなただけのお洒落のことです

自分の有りのままの姿を生かしたお洒落を取得していきましょう

ミームとイノベーションでオンリーワンセンスを取得

ミームとは文化的意伝子のことです

生物的遺伝子(ジーン)の対義語でもあります

ミームは意伝子と書きジーンは遺伝子とかきます

いわゆるDNA(デオキシリボかくさんdeoxyribonucleic acidDNA)は

親から子に伝えられる遺伝子でこれはジーン

ミームとは意味合いが異なります

ミームは自分が体験したことを自分の中に蓄えて保存することで

より今の自分自身を豊かにしてゆく手助けをしてくれます

心の遺伝子ともいいますいわば自分の文化的財産です

今日はこのミームとイノベーションを利用して自分の物語を作るという話をしたいと思います

それではイノベーションって何?雑学アート雑学, ロックな哲学, 魂に着せる服装術雑学アート雑学, ロックな哲学, 魂に着せる服装術

技術革新のことです

なんだかつまらない話のようですが

要するに平たく言うと

自分が経験した好きな物事(ミーム)を使って素敵(イノベーション)になりましよう

ということです

本当のオシャレとはこのように作るのですヨ

あなたのオシャレは誰にもマネできません

あなたの好きなものからできているのですから

反対に

人のおしゃれはあなたには似合いません

人の好きなものからできているからです

僕のお洒落は僕にしか似合いません

真似をしただけではへんてこりんなおしゃれになってしまいます

真似をすることはとても良いことですヨ

真似をしたいと思うってことはあなたが好きだからですから

好きなものはどんどん真似をして自分のものにすればいいのです

人の良いところはドンドン自分にとりこんで

自分のオシャレの意電子を使ってお洒落の自己改革をするッてことです

好きなものは多ければ多いほどいいです

だから世間の良いものをどんどん取り入れることが

より奥が深いお洒落になるわけです

それって自分の物語を作ることになるのですね

どうせなら極上のオシャレな物語を作ってとびっきりな自分だけのセンスを磨いたほうがいいですね

おもしろっそうでしょ?

おしゃれに年齢は関係ないは嘘

よく言う言葉で「おしゃれに歳はは関係ないです、幾つになってもおしゃれな人はおしゃれなんですから」

ッてなことを言いますがこれは真赤な嘘

というより逆ですヨ

歳をとればとるほどお洒落度は増すのです

タイトルのようにオシャレは人生の物語ですから

オシャレは自分の歴史を刻んだ人生の証しですから

だから歳を重ねれば重ねるだけ

どんどん

益々

あなたのお洒落度は増してゆくのです

ただしそれには条件があります

それは「意識することです」

何を?

お洒落でいることをです

いい材料で作った家の柱は年を重ねるごとに美しい色になっていきます

しかし雨ざらしになったり傷だらけになった柱はどんどん朽ちたり痛んでいきます

ホコリやゴミだらけの部屋は汚れやカビで益々痛んでいきます

毎日窓を開けて風通しがいい環境は家を長持ちさせます

年に1度しか使わなくて扉を開けない高級別荘は早く痛みます

どんなに材料が良くてもどんなに環境が良くても

人が作ったものは人の手入れ次第で歳を重ねると正反対の結果になります

お洒落に対する「意識」もそれと全く同じことで自分の向きあい方次第で

益々磨き上げられていきます

極端な例ですが

どんなに素敵な服や身のこなしをしている10歳の子どもより

長年愛用のお気に入りの服を着ている腰の曲がった100歳の老人のほうが

僕は何百倍もカッコいいと思いますよ

なぜならそこには物語があるからです

そこにあるドラマはそのご老人が自作したオンリーワンのドラマだからです

10倍も長い物語は奥が深いのです

だからオシャレには年齢が関係あるのです

年数をかけてお洒落は作られていきます

だから日々を大切に生きてゆくことが

自分の物語を飛びっきりのものにしてゆくのです

スタートアップ物語の作り方

ドンドン歳をとってどんどんお洒落になるために必要なことは

ドンドンいろいろな物事を吸収して自分のモノにすることです

50歳になったからもう無理だろ

とんでもないです

50歳60歳はまだまだガキと一緒

これからあなたの物語が始ます

もっともっと極上にならなくては後悔しますよ

それには大切なことがあります

あなたにとって好きな物だけをとり入れなくてはなりません

嫌いなものやストレスを感じる物にはなるべく近づかずに

自分が心地よいものにだけ接するように心がけましょう

もちろんいやなモノごとやいやな人にも近づかなくてはならないことはありますが

それはあなただけではありません

誰にでも平等に起こることです

今から3つの提案をします

それらの内容を理解できれば

スムーズに自分にとっていいこと(好きなこと)を取りこめると思います

おしゃれとは自分だけのものです

まずは自分の好きなことを見つけることが大切です

そのための行動パターンを考えていくのです

1:家にいることが好きだ

2:旅行をすることが好きだ

3:旅をすることが好きだ(できれば一人で)

この3つの行動パターンで一番いけないのが1番です

そして一番いいのが3番です

これから一つずつひも解いていきますね

誤解しないように一言付け加えます1~3は人が生活の中で行っている行動パターンです

決して行ってはいけないということではないです

今までにも話しているように

世間の中のあなたの好きな物事をなるべくたくさん

あなたにとり入れるための手段のことです

そのために行うべき順序というとらえ方をして下さい

それとあまり硬いことを言わずに気楽にとらえてください

1:家にいることが好きだ

今風に言うとインドア派ッてことですがそういう言い方はあまり好きではないので

ここでは純日本語で

「行動が嫌いでなんでも頭で考えちゃうう人」

ってことで、、、(笑)

しつこく言いますがいけないってことではないですよ

家にいながらでも何でもできちゃう時代ですから

amazonで本も服も家電も何でも買えちゃう時代ですから

当然お洒落で知的で思いやりがあって、、、、、

色々なタイプの人がいるはずです

しかしこの生活のパターンを繰り返すことは

どんなにお洒落でもどんなに知的でもどんなに良い性格でも

思考停止になってしまう恐れがあるということです

もっと言うと固まっちゃう!

今までの経験を活かすことはできてもこれから生きる上で

今からの新しい自分を開拓出来なくなってしまうことが心配なタイプです

どんなに良い柱でも窓を開けいい空気に触れて風通しを良くしないと

家は痛みます

どんなにいい経験を今までにしていた人でも

今現在の活きた空気を吸って生きていかなくては100歳になったときに極上の物語は完成できません

いつかやるよじゃなくて人生は今の瞬間の繰り返しですから

2:旅行をすることが好きだ

積極的に動くのが好きで

人とのコミュニケーションも好き

リーダーシップをとれるタイプかもしれないし

いや、あなたはおしとやかでおとなしいタイプかもしれません

それはどっちでもいいですが

とにかくアウトドア派

この言葉は嫌いな僕ですので

あえて純日本語で

「行動力があって旅行の計画を立てて計画的に生きる人」

でいいでしょうか(まあいいにして下さい)

別におカネなんかなくても全然かまいません

もちろん金銭的に余裕がある人は海外旅行を計画して

ツアーに参加してオプションもつけていろいろ経験して、、

(うらやましい限りです)(笑)

反対におカネがなくても一向にかまいません

近場の一泊旅行でもいいし

日帰りでチャリツーリングなんかでもいいですね

僕は別記事に書いていますが

多摩川のツーリングが好きで

しかもほとんどお金は使いません

一日12時間走ることもあります

気持ちいいですヨ

何も全速力で走るわけじゃないので疲れない程度に走れば

それだけで満足ですからね

そんな時はペットボトルにおにぎりでもいいし

コンビニで食べものを調達してもいいし

気楽な小旅行で楽しいですヨ

何より気分転換になり

家で言うと柱が風にアタリイキイキと呼吸する姿がうかがえるようですね

たまにはおカネを使うお出かけもしたいですがね(笑)

こんな旅行好きの人は

もちろんおしゃれで知的で行動力もあり思いやりもある人でしょう

しかしこれにも物足りないことがあります

わかりやすくたとえ話をさせてください

仕事に例えてみましょうか

バリバリのキャリアですきっと、、、、

会社で会議があるとしましょう

あなたは仕組み作りも得意で会議の場でもリーダーシップをとっています

(もちろんただ参加しているだけの平社員でもいいのですヨ)

そんな時プラス思考でいいアイデアが出ました

誰からでもいいですがあなたもいいアイデアを出せることでしょう

毎回毎回こんな調子で会議をやって仕事は順調に運んでいますし

私生活も満足しています

いわゆる人生の成功者かもしれません

(別に貧乏でも構いませんただただ計画性があり人生には満足していて、、、)

そんな状況で末永く暮らすタイプでしょう、、

きっとこの人は

こんなタイプの人は

人生そこで繰り返しているだけです

お釈迦様の手のひらの上でクルクル廻っている孫悟空と一緒です

やがてきます

マンネリ化した生活に支障が来るときが

ここで一言、、、、、

これではいけないといってるわけではないのですヨ

ただこれでは

極上の人生の物語を作るのは無理ですねってことです

話をもどしましょう

もし会社だったらマンネリ化した会議で決まったことを続けてばっかりしているようでは

どんなにいい会社でもやがて下降線をたどることになるでしょう

時の流れとはそういうものです

人が歳をとっていくように

会社も衰えていきます

そしてあなた自身も

同じような計画で旅を続けていてはやがて飽きてしまうでしょう

世界中を廻るほどの財力があればそれもいいでしょう

新たな出会いがきっと旅行先で見つかり

良い出会いが素敵な人生を作ってくれることでしょう

しかしあなたは現状維持で

決しておしゃれにはなっていないでしょう

同じような無難な服装で

同じような計画を立てて

同じようなメンバーで

楽しかった旅行もさすがに飽きてきませんか

3:旅をすることが好きだ(できれば一人で)

純日本語で言いましょう

「行き当たりばったりの計画性のないブレブレな人」

ということにしときましょうね

何がいいのこんな人って、、、、

付き合ってられないよ

きっとそんなふうに思われてるでしょうね

まともな人からは、、、、、、

そうなんですまともではないのですね

旅好きは、、、、

しかも一人がいいって人はね

人がついていけないよッてことは

こんな人(あなた)にとっては超ラッキーって、、、、

人に付いてこられたら困るんです

だって一人で自由に生(行)きたいんですから

計画性なんて全くない

会議なんて大っ嫌い

決定事項なんて全くない

その時の気分が自分なのだ

間違ってぶれまくって

いっけねえー!って思ってまた戻ってまたやりなおして

今度は違う道だって、、、、、

そんなことばっかやってると

自分が想像もしないことに出逢ったりして

自分が想像もしない変な人が出て来たりして

最高に面白いジャン

出逢ったモノごと

出逢った人たち

ぜんぜん僕と

ぜんぜんあなたと全く関係ない人バッカで

全然関係ない物事ばっかで

今まで自分が経験したことない事ばっかで

手を出したら噛みつかれるかもしれないし

臭いかもしれないし

怖いかもしれないし

甘いかも

やさしいかも

意外にカッコ良かったりして

超怖かったりして

何がなんだかわからない

だけど

面白い、、、、

なんだかわからないけど超面白い

考え方の問題ですヨ

「死ぬこと以外はかすり傷」

ってどっかの誰かが言ってましたが

僕はこの言葉!超好きです

マイナス思考とプラス思考とブレイクスルー

最近ちまたで言われている言葉でブレイクスルーという言葉があります

一言で言うとプラス思考よりさらに積極的に何でも受け入れる考え方で

自分の身に降りかかったことはすべてが想定内のことであり予想通りの起きたことだという

超プラス思考の考え方というようなことです

なんだかどこかで誰かが流行らせた言葉ですね想定内って言葉

詳しくはこの記事を参考にして下さい

ブレイクスルー思考とは

ブレイクスルー思考で考えると

1:家にいることが好きだ、、、、、、マイナス思考

2:旅行をすることが好きだ、、、、、、、、プラス思考

3:旅をすることが好きだ(できれば一人で)、、、、、、ブレイクスルー

だからブレイクスルー思考は正しい道への道しるべなんですね

身に降りかかった物事にはおそれずに立ち向かいましょう

たとえぶれた人生でも(以下ぶれたほうがいいのだが)

迷って何かに出会うのが人生であり

迷った数やぶれた数が多ければ多いほど

人は深くなる

あなたの物語は深くなり面白くなり最上のセンスになってゆく

生きている限りまだまだ物語の最中でありセンスアップ中であるのだ

だからブレイクスルー思考は正しい道への道しるべなんですね

身に降りかかった物事にはおそれずに立ち向かいましょう

「死ぬこと以外はかすり傷」

「死んだら次の魂が待っている」

ッて気持ちで生きていきましょうかね

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn