Tシャツをおしゃれに着こなせる方法|トップスおしゃれ術

目次
Tシャツをおしゃれに着こなしできるメンズとは

Tシャツはお洒落ではないと勘違いしている人が多すぎます、オシャレの基本というべき誰でもが気軽に着こなせるアイテムです、男女問わず子どもからお年寄りまでです、俗に言う老若男女です、万人が着ることができる究極のアイテムといっていいでしょう

へインズというTシャツのメーカーがアメリカにあります、このメーカーが作った定番のTシャツは、皆さんご存知のリーバイス501(Levis501)の販売枚数をはるかに上回って、世界1位です、一つのアイテムでの販売枚数が過去実績でNO.1です

それほど気軽にあらゆる人が気軽に着ることができるTシャツというアイテムだからこそ、自分ならではの着こなしをしたいものですね、毎日着れる究極のアイテムですから、、、、

**********************************************

人気のアイテムだからこそ人と同じ着こなしはするな

絶対にしてはいけない着こなし方法は、人と同じの着こなしてはいけないいということです

「無難に人と同じレベルで着こなせればいいや」と思っている人にはこのブログは向いていないのでここで退出された方がいいと思います、ここでは人と同じが大嫌いという人間が記事を書いていますので

とくにTシャツほど誰でも着ることができて、しかも個性を出すことができるアイテムはありません

**********************************************

スポンサード リンク

***********************************************

できれば自分でオリジナルを作りたい

できることなら無地のTシャツを購入して、自分で描いちゃいましょう、何もわざわざ版を作ってプリントなんかする必要はありません、版を作るということは同じものを何枚もつくる場合に行う手段にすぎません

この場合自分が着用する1着だけでいいので必要ありませんし、逆にプリントでは価値がありません、自作のオリジナルであっても安っぽいそこらの業者が作るモノと同じになってしまいます

手描きでTシャツを作るのは一番アドレナリンが大量に出てきてとても快感ですよ、自分だけのものですからね、、、、無地のTシャツを購入しなくてもユニクロのTシャツでも何でもいいですよ、手持ちのTシャツで、、、その上から描いちゃえばいいんですから、、、、

このブログでもオリジナルのTシャツの創り方を投稿してますので、良かったら参考にしてください

一点物の手描きTシャツ

同じものは絶対に描けない手描きのTシャツまとめ

古着のすすめ

手描きなんてめんどくさい、、っていう人には、古着をお勧めします

Tシャツとはいえいろいろな物がピンからキリまであります、ご存知のようにビンテージもので高価な値段がついたコンサートTシャツやデッドストックなど色々ありますが、自分な気にいっていればどんなものでもいいです、どれをとっても何千、何万枚も最近つくられたものよりも価値がありますから

Tシャツはどんなに古くても着ていてみっともなくないですよ、着こなし次第で味になりますので

僕なんかはかえって古いものや着まくったものを大切に着ています、そこには自分がいますので、着まくったものの中には人にはまねのできない自分が宿ります

↓4年以上も愛用している自作の手描きTシャツの話です↓

誰も持っていないTシャツ|手描きの一点物4年以上着まくって

誰も持っていないTシャツ|手描きの一点物4年以上着まくって

スポンサード リンク

 

人まねは進んでしていい

人と同じ着こなしは絶対にするな!!といいながら人まねは進んでしていいなんて矛盾しているようですが、人真似をしたくなるということは、自分が共感を持っているモノや好きなモノだからこそまねをしたくなるわけです、Tシャツに限らずあらゆる着こなしの基本ですが好きこそものの上手なれという言葉があるように好きな物事が一番吸収しやすいんです

ですのでかっこいい着こなしだなとか、かっこいいTシャツだなとか思ったらそれが自分にも似合うモノのはずです、ですから真似することはおしゃれの基本です

大切なのは入り口ではなく出口です

結果、自分のオリジナルになっているような着こなしができていればOK!!です

ロックもファッションも個性が大切今更だけど

ロックもファッションも個性が大切今更だけど

まとめ:好きなモノを生かした生き方

1)Tシャツは人類史上一番人気のアイテムだからこそ人と同じは絶対ダメ

2)モノ作りが好きならオリジナルのTシャツうを手描きで描こう

3)古着や着古したTシャツにこそ価値がある

4)人まねのすすめ、結果自分のオリジナルになればいい、入口より出口が大切

僕は音楽好きの歩くアートことアーティストの杉原と申します

モノを創ることが好きで自作のアイテムをいろいろ作って自分で着たり販売したり人にあげたりしています

勝手に自分のことを”歩くアート”なんて呼んじゃったりして、、、、、、

でもそれが一番いいと思っています、音楽音痴だけどロックが好きで、好きなモノを活かした人生を歩んでいます、これが一番いいことだと思っています

Tシャツを着こなすことも、何かを作ることも(料理でも、ハンドクラフトも、詩や文章も)、人生を送ることも好きなモノを生かしたやり方が一番だからです

結果、それがオリジナルの着こなしになり、オリジナルも人生になります

あなたも是非、オリジナルのTシャツを着こなしオリジナルの人生を生きていってくださいね、、、、

そんなことが色々書いてあります↓

愛用品と宝物

大切な愛用品と宝物|歩くアートのコレクションまとめ

人生はマイペースが一番、何もオリジナルのTシャツを作らなくても自分の着こなしができればそれがオリジナルです

好きなことと好きなモノに囲まれた時間を語るのは最高の充電ですね

人に言いたいひとりごと

人に言いたいひとりごとまとめ

自分だけの人生と自分だけのTシャツに乾杯!!!

オリジナルにこだわる理由|大切な人生とアート

オリジナルにこだわる理由|大切な人生とアート

創作図鑑

★★★

ストックフォト

★★★

★★★

Adobe Photoshop

★★★

ScreenPresso

★★★

***********************************************

スポンサード リンク

★★★★★★★★

FaceBookページ↓

デコドルフィンのアート法

Twitter↓

Hideki Sugihara

★★★★★★★★

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Eldora より:

    Absolutely first rate and copb-repottomed, gentlemen!