テキスタイルとはテキスタイルデザイナーとは|なる方法は

目次
テキスタイルとはテキスタイルデザイナーとは英語でTextile

テキスタイルという言葉はなじみがない言葉ですね

いろいろな意味を含んでいるのでちゃんと説明しないと理解できないことなんですが

色々な事柄にかかわりがあるのでテキスタイルに対する記事をたくさんかいています

今日は仕事としてのテキスタイルということで話していきますね

僕は今歩くアートをやっています、変な奴でしょ!なんじゃそれ?ですよね、でも元はというと言うと英語でTextileテキスタイルデザイナーでした

でも今は歩くアート、その意味は

音楽とアートを身に着けて正義の味方になる

ことなんです、僕はもともとはテキスタイルデザイナーをしてました、今は正確に言うと正義の味方になるための修業中の身ですが、、、、音楽とアートはこの世の中で唯一いつわりのないことだと信じて生きていますので、そこでなぜテキスタイルなのか、それは身に着ける物の基本だからです、音楽とアートを身に着ける為にはテキスタイルを知っておく必要があるのですね、ですから

テキスタイルデザイナーを目指している

アーティストを目指している

ファッションデザイナーを目指している

インテリアデザイナーを目指している

ミュージシャンを目指している

正義の味方を目指している

などなど、色々な人の為になる内容になりますので、、、、、、、、、、

スポンサーリンク

テキスタイルって何?

テキスタイルデザイナーを目指している人

この記事を全部読んでください、テキスタイルは奥が深いので全部大切です

アーティストを目指している人

アートを創るなら身だしなみもアーティスティックになってください、テキスタイルは身に着ける服や持ち歩く物の基本素材です

ファッションデザイナーを目指している人

最近の服飾(雑貨含む)デザイナーは、丸投げが多いのでデザイナーとして一人前の人はほとんどいません、テキスタイルは服や雑貨小物の基本です、テキスタイルをしっかり押さえて知っていればファッションデザイナーとして一目置いた存在になれます

インテリアデザイナーを目指している人

服と一緒でインテリアのデザインも布を使ったものが色々あります、たとえばカーテンなどやソファーなどもそうですね、インテリアデザイナーほど多方面に渡る知識が必要な仕事はありません、テキスタイルを十分に学ぶ必要があります

ミュージシャンを目指している人

たとえばギターはどんな材質でできていますか、木材、金属、アクリル、プラスティックなど色々あると思います、それぞれの材質によって音も違うし、音楽ジャンルによって使い分けたりしますね、テキスタイルは、その素材と同じでいろいろな物があります、ミュージシャンはアーティストです、ですので自分の身に着ける物はアーティスティックでなくてはなりません、テキスタイルは衣装の基本です、ギターの素材と一緒です、ギタリストはギターを持って、ベーシストはベースを持って演奏します、もう一度言いますミュージシャンはアーティストです、ですので自分の身に着ける物はアーティスティックでなくてはなりません、どんな楽器のポジションの人でも、楽器と同じように身に着ける物の基本を知るべきです

このようにテキスタイルはあらゆるジャンルの基本です

一軒の家がここにあるとします

家の柱の材質は、材木、鉄筋、鉄骨など色々ありますね、それぞれの特徴に合った家造りをします

テキスタイルは服や布製品全般の材質のことを指します、とても大切なポジションです

生活環境のあらゆるモノごとに関係しています

その用途に合わせて物作りをしなくてはいけません

**********************************************

スポンサード リンク

***********************************************

テキスタイルデザイナーとはどんなことをするの?

テキスタイルデザイナーの仕事は多方面に渡ります

ディレクターとしてのテキスタイルの仕事

これがかなめですが、色々なテキスタイルの仕事をまとめる仕事です

これから書く仕事をする人をすべてまとめる仕事ですので以下の文章を呼んで、それらを束ねる仕事だと思ってください

図案を描くテキスタイルデザイナーの仕事

テキスタイルの柄を作る仕事です、ポイントは

どんなアイテムのためのデザインなのか

どんな素材にのせる柄なのか

どんな機械で布に柄をのせるのか

これらのことをすべて把握していないと柄が描けません

アイテムによる柄のイメージ

素材による柄の細かさなど色々なマッチングを考える

どんな機械で染めたり織ったりするかにより柄のリピートサイズが変わってくる

そして何よりセンス、センス、センス、、、、、、

何を何処でどのように作るかを考えるテキスタイルプランナーの仕事

生地(布)によって色々な生産基地があります

素材による生産基地の違い

柄による生産基地の違い

いろいろな加工方法の違い

これらを立体的に組み合わせて不都合がないような生産工程を組み立てる仕事です

そのほかに営業(販売)の仕事もありますし生産基地との打ち合わせまでする必要があります

これらすべての事柄をまとめ上げる仕事がディレクターの仕事です

組織の規模によりこれらを兼任する場合ももちろんありますが、、、、、、、、

スポンサード リンク

テキスタイルデザイナーになるために必要なこと

冒頭で書いたことをもう一度書きます

テキスタイルデザイナーを目指している、アーティストを目指している、ファッションデザイナーを目指している、インテリアデザイナーを目指している、ミュージシャンを目指している、正義の味方を目指している

これらを目指している人たちすべてに当てはまることなのであえて書きました

テキスタイルデザイナーにとってだけではなく、すべてのクリエーターにとって必要なことだからです

テキスタイルの専門学校に行くべきか?

行かなくてもいいです、行くのであれば美大のテキスタイルを学べるところがおすすめです

なぜなら、テキスタイルと一言でいってもジャンルが広すぎて習っているうちに本当にやりたいことが変わる可能性が超高いからです

服飾、インテリア、アート、工芸などなど色々習ううちに気持ちが必ず変わりますから

最初から「僕はメンズのデザイナーになるんだ」みたいな志がある人はテキスタイル志望者には少ないんですね、二次製品が多い世界ですのでそうなります、二次製品とは完成品ではなく完成品のパーツみたいなことの意味です、たとえば服が一次製品で服の生地が二次製品になるわけです

最初から志がある人は専門家や専門学科のある学校なりに行くはずです

たとえば「私は、伝統の草木染の工芸作家になるんだ」みたいな人のことです

だから学校に行くならばそんな感じで選べばいいです

大切なことは学校で習うことの中にはありません、ですので学校に行く余裕がある人はいけばいいしッてことです、まあその程度でいいですよ、、、、それよりもっと大切なことを考えましょう

テキスタイルデザイナーにかぎらずですよ、すべてのクリエーターにとって必要なことを学んでいくべきです

もし、会社を受けるために必要な肩書が必要で学校に行くならば、遊ぶつもりで行ってください

クリエイターになるために本当に必要なこと

本当に大切なことは

自分の好きな音楽を聴き、自分の好きな絵を描き、自分の好きな本を読み、好きなデザイナーやミュージシャンを尊敬して、あらゆる好きなものを自分の身の周りにいつもある環境を作り

それらのことを自分の人生に活かした生き方をすること

これが一番必要なことです

そのために何を学べばいいか

それは、このサイト

突飛工房デコドルフィン|身に着けるロック|歩くアート にすべてあります

このサイトはそのためにあるのです、トップページが

音楽とアートを身に着けて正義の味方になるための学びのまとめ

となっていますが、別に言葉は何でもいいんです

音楽とアートを身に着けてテキスタイルデザイナーになるための学び

でも

音楽とアートを身に着けてミュージシャンになるための学び

でもいいんです

このサイトはそのためにありますので

テキスタイルに特化した学びは学校よりも僕の雑学のほうが勉強になりますよ

何か聞きたいことがありましたら遠慮なくお問い合わせしてください

△ほかでは聞けないおもしろテキスタイル雑学

ほかでは聞けないおもしろテキスタイル雑学まとめ

そして一緒に歩くアートになりませんか、、、、、、、、、、

創作図鑑

★★★

ストックフォト

★★★

★★★

Adobe Photoshop

★★★

ScreenPresso

★★★

***********************************************

スポンサード リンク

★★★★★★★★

FaceBookページ↓

デコドルフィンのアート法

Twitter↓

Hideki Sugihara

★★★★★★★★

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする