80年代のバブルファッションを作ったコムデギャルソンとDCブランドは今の平野ノラだった

目次
80年代のバブルファッション

イルミナティも日本に手の混んだ仕掛けをしたもんだ今になるとあの1980年代のバブルの好景気のなす技に踊らされた日本人の愚かさが痛みに思える
あれ程の好景気はまるで東日本大震災のように日本を真っ二つに割ってしまった
夏の海岸のスイカ割りのような痛々しい破片をそこら中にバラ巻きつつ
後片付けもせずに、、、、、、

ただ一つだけ間違いなく言えることは

政治も

経済も

ファッションも

すべて仕掛ける奴がいる

だから着こなしぐらいは自分を信用できるようになりたいものだ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

80年代のファッションの背景

僕はまるでバロック音楽のような肩幅の異様に広いコムデギャルソンオムプリュスの綿麻レーヨンのサマースーツを着て堀留の街を歩いていた

そのころ僕がいたのは恵比寿に事務所を作る前の時期で

小伝馬町にある生え抜きで入社した二部上場の繊維問屋だ

間もなくこのあたりの繊維問屋の街は様変わりをすることになる

だが1980年代は最後のあがきをしていた時代である

””””””””””””””””

80年代を生んだ先駆者とその流れ

60年代に突如天才たちが築き上げた

20世紀最大のアート革命は

ポップ

例えばビートルズ

例えばアンディ・ウオフォール

1970年代にはアートや音楽好きの僕ら一般人にまで

その流れが高圧電線に感電したように伝達してきた

そのポップの影響は

80年代になると

ファッションやおしゃれなんていう言葉とは全く縁のない人間にまで広がり

やがてその現象はバブルとなって弾けてゆくのである

世界を股にかける闇の組織は

私欲のために自ら作り上げた

日本の高度成長時代を構築し

またもや自らの私欲のために

日本のバブルをものの見事に構築し

さらにぶち壊した

スポンサーリンク

80年代を生きた業界人たち

だが政治経済とは縁のない若者たちや

その若者たちを操っているはずの

ファッション業界の繁栄も

無知な代表取締役を名乗る愚かな方々の

独りよがりのバブルダンスによって儚く消え去った

残ったのは

20世紀のファッション年鑑の

トレンド部門を飾る

「バブル期の日本のファッション」

「DCブランド全盛の時代」

このようなファッション史に残る名言の数々だ

そして

今またバブルファッションを知らない世代が

平野ノラにエールを振るう

僕がギャルソンのオムプリュスを着ていた頃

周りの女性たちはこぞって平野ノラであった

しかもその姿は

一歩間違えると大阪のおばちゃんと変わらない

ファッションに大切なことは自分を信じることである

80年代のブランド構築法

1970年代に新しい世界を築き上げたブランドたち

例えば代官山のヒルサイドテラスのビギBIGI

菊池武夫や川久保玲などの60年代の時代の先駆者が

自らの役割を背負い立ち上げたブランドたち

それらが80年代にバブルとともに花開くことになる

DCブランドは画期的だった

D…デザイナーズブランド

C…キャラクターズブランド

デザイナー自らの自分たちのために着るブランド

そのデザイナーであるカリスマをキャラクターにしてブランド化したブランド

これらはまるでイルミナティのようにファッション業界を支配した

DCブランドのトレンドの作り方

デザイナーズブランドは

独自のトレンドを築き上げた

もちろんブランドによって

トレンド設定に行い方は異なるが

わかりやすい例で説明すると

コムデギャルソンという川久保玲のブランドがある

ここから発生したブランドが

コムサデモードである

もちろん全く異なる経営であり

全く異なる組織である

コムサはギャルソンのキャラクターを

まるでコピーでもしたような

そんな製品づくりをしたのである

それがCである

キャラクターブランドのCのことだ

しかしターゲット設定がコムデギャルソンとコムサデモードと全く違う

コムサは

後に巨大ブランド化することになるが

あくまでも大衆一般庶民がターゲットであり

まさにバブルの申し子である

このようなDとCの関係は他にも色々ある

ギャルソンとコムサは

わかりやすい例なだけである

時代の先駆者

川久保玲にしかできないファッションポリシーがギャルソン

それを活かした大衆量産型ブランドがコムサ

この図式がファッションバブルの膜あけにつながってゆく

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする