キドニーピアスフックを制作する安全性と使いやすさとオシャレなファッション性を重視してオリジナルの特徴を出す

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
キドニーピアスフックを作る

前回の記事でピアスの金具(フック)の良し悪しの話をしてみました

自分でピアスをしたことのないのにピアスを制作するにあたって

いろいろなことを学ぶためでもあります

そしてキドニーピアスという形のフックに魅力を感じて

書いた記事がこの記事です

装着しやすいピアスの形状はキドニーがいい!使いやすい金具(パーツ)について考えてみた

そして自作のピアスフックを作ることにしました

まずはキドニーピアスから作ってみたのでオリジナルの作品の説明を兼ねてまとめてみました

スポンサーリンク

ピアスフックの安全性

ピアスフックの安全性といえばまず頭に浮かぶのはアレルギー体質の方ですが

アレルギー体質でなくてもアレルギーを引き起こす可能性もあるという意見もあります

そのため体に対する影響が少ない材質を選ぶことが良いに決まってますので

いろいろな素材による皮膚への影響も考えてチタン素材を使用することにしました

ほかにもアレルギーを引き起こさない素材はあります

金、銀、プラチナ、チタン、ジルコニウム、ステンレスなどです

金銀プラチナ?アクセサリーの素材選びと金属アレルギーについて

詳しくはこの記事に書いてあります

その中で価格面と安全性とデザイン性をすべて考慮した結果

オリジナルのピアスフックをチタンで作ることに決めました

まずは素材選びはチタンということで進めましょう

そして使いやすさの話に移りますね

スポンサーリンク


機能性を重視してキドニーピアスフック

ピアスはキドニーがいい2

装着しやすいピアスの形状はキドニーがいい!使いやすい金具(パーツ)について考えてみた

前回の記事で詳しく書いた内容とだぶってしまいますので

ここでは簡単に話しますが

ピアスは持ち物や体に装着する物の中でも

なくす可能性が一番多いのです

身に着けていれば無くすことはないはずですが

はずれることがあるからですね

そのためにキドニーピアスには

装着した後に金具を閉じる機能があるのです

これは便利ですね

それにプラスして本体モチーフをU字の溝に掛けるだけですので取り外しができます

ほかのお気に入りのピアスの本体モチーフを付け替えることもできますし

裏表にひっくり返してリバーシブルで楽しむこともできます

取り外せるということは便利ですよね

しかも落とす可能性が少ないので紛失防止になりますので、、、、

スポンサーリンク


ファッション性デザイン性に優れたフォルム

ピアスは着こなしを装うためにあります

おしゃれになるためにあるものですね

安全性とか機能性とか言っても

それじゃ何の為に身に付けるのかオシャレのためですよね

だから一番大切なのはカッコ良さ

このキドニーのフォルム(形)はカッコイイです

キドニーピアスフック1

キドニーが開いた状態ですと普通のピアスパーツと同じようなフォルムですが

キドニーピアスフック2

このように閉じることによって綺麗な放物線が現れます

モチーフに合わせて金具のサイズも選べます

スポンサーリンク

オリジナルの特徴のあるキドニーピアスフック

そして最後にオリジナル性の話です

キドニーピアスフックは便利ですということをいろいろ書いてきました

しかし

安全性のあるチタン製のキドニーは普通に売ってます

いくら

キドニーピアスフックのことをここで述べても買えばいいジャン!!

ってことですよねそれじゃわざわざ作る意味がないですね

だからオリジナルにこだわることにしました

それはもっと便利にカッコ良く

そんなキドニーピアスフックを作るということです

4ウェイキドニーピアスフック

こんな感じです↑

オリジナルのピアスフックは次の記事で詳しく書きますね

突飛工房デコドルフィン|身に着けるロック|歩くアート | ジョニー・デップが欲しがるロックな帽子とTシャツとアクセサリー|たった一つのアイテムがあなたをロックな着こなしに変身させます

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn