イラストで自分のアバター(化身)を作る方法|自分のオリジナルを描く

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
イラストで自分のアバター(化身)を作る方法

自分よりかわいかったり、カッコイイイラストを描いて自分にしちゃえ~~今日は、自分の化身(アバター)を作りましょう、カッコイイアバターがいたらいいと思いませんか、、ブログのプロフィールなんかにも貼りつけちゃったりして、、オリジナルにこだわるということはとても楽しいことです、着る物、持つ物、使う物、いろいろ作ってオリジナルな人生を楽しみましょう

スポンサーリンク

アバターの原型を描いてみる

したの画像にように1~4みたいに原画を描いてみましょう

鉛筆で描いて形が出来上がったらサインペンで線を丁寧に描きます

ポイントは、何でもいいから好きなアニメや漫画のキャラクターを参考に書けばいいですよ

よっぽど上手でなければパクリにもなりませんから(笑)

この参考の画像は僕のいつもの髪形を突っ張らしてみました

顔の輪郭は実物より細くてカッコイイです

目も一重ですがもっと細いです

おでこにはいつもターバンを巻いていますので

ポイントとしました

①原型

②眼鏡を付ける

③目をはずす

④4眼鏡をアレンジする

①の原型さえ出来上がればあとは写真撮りかパソコンにスキャンでとりこみ

アレンジして行けばいいです

僕は原型をトレーシングペーパーでうつしとりアレンジします

アバター原型1.jpg

************

スポンサーリンク

************

さて次は↓

******************************

帽子など好きなアクセサリーを描き上げる

最初の原型がとても大切です

原型があればあとからアレンジが色々出来ますから

トレードマークの帽子を描く

この際、トレペ(トレーシングペーパー)で上から映して描くとやりやすいです

 アバターパーツ1.jpg

その次は↓

******************************

顔に表情を付ける

顔の部分をトレペで映しとり目と口の表情を変えてみる

これも好きなアニメや漫画を参考にすればいいです

 アバター表情.jpg

さていよいよ彩色↓

******************************

彩色して完成させる

ここまではほぼ手描きのアナログ作業でした

これから先も手描きで進めることもできます

そのほうが素敵な一点物の絵ができますね

しかし今回はパソコンに保存して

劣化せずにアレンジしやすく

使いまわしができる方法を進めていと思います

フォトショップを使いますね

先ほど仕上げた各パーツをフォトショップでとりこみ

カラーをアレンジすれば後々いろいろなバリエーションが作れますので

デジタルの力を借ります

↓原画の出来上がり

ワンポイントアドバイスですが

サインペンの線をしっかり描いておくことが後々

着色しやすいです

 180x180re.png

次は↓

***************************

表情を変えたアバター制作

ウインク

 180x180黄小ウィンク.png

***********************

笑い

 180x1800黒小笑い1.png

****************************

Gif画像を作り3つの表情で動かしてみる

1434663207BjO1CUAEJt73zZa1434663206.gif

さあ、いかがでしたでしょうか

アバターを作ることはなかなか面白いですよ

まだまだここから色々なアレンジができます

これもTシャツに手描きをすると同じに

シリーズ化しますね

又次を作りますので少々お待ちください

***************

この投稿の動画を作ってみました

 

 

スポンサーリンク

アートの作品と学びと哲学について一言
突飛工房デコドルフィンではアートの学びと哲学を投稿しております、一言でアートといいましてもいろいろなとらえ方がありますが、ピカソのように作品はモノをではなく物語を売る、シルバーナ・スペラーティのように技術の前に考え方を学ぶそんなサイトにしてゆきたいと思います

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする