ジレって?何だこりゃ?今年の流行はロングジレLong Gilet

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
InShot_20160124_161337_thumb.jpg

突飛な創作では

手持ちのアイテムのリメイクの紹介をしてますよ

**********************************************

スポンサード リンク

***********************************************

ジレという言葉はなじみがないが袖無しちゃんちゃんこのこと

InShot_20160124_161337

フランス語で「ジレ](Gilet)」英語で「ベスト(Vest)」日本語で「チョッキ」と呼ばれ

これら3つは、ほぼ同じものを指す言葉です。参考サイト

歩くアートの杉原です

今日は今年はやってるロングジレを少しだけ話したいです

実はもっと早く投稿したかったのですがこんな季節になってしまって、、、

でも最近になって急に寒くなってどうしようもなくなり

タンスから出して着ました

高価な新品ジレはいらない

プロパー(定価)で買ったら10万円ぐらいしちゃいます

カットソーでも10000~でしょうか、、、、」もちろんブランドにもよりますが

トップの写真は僕のロング・ジレ・ムートンなんです

平たく言うと長い羊ボアの袖無しちゃんちゃんこです!!!

これは、10年ぐらい前にヤフオクで購入したロングスリーブ(長袖)のムートンだったんですよ

ヤフオクで買ったムートンをジレにアレンジ

20000円もしませんでした

新品で買ったら桁が一つ違うでしょうね

’70年代のアンティーク・ムートンで淡いベージュ色でカッコよくて

思わずゲットしてしまったのですが、、、、、、

なかなか着る機会がなく、、、、

っていうかやはり今では着づらいのですね

シルエットは良いんですがなんとなく袖がうっとうしくて

レディースだと思うけど全然サイズはOK!!!

それで、、、いろいろ考えて袖をブッタッギッタわけです

新規ドキュメント 44_1

その後は毎年着てるんだけどめちゃ着心地がいい

袖の部分を使って襟部分とか前見ごろを合わせるためのパーツにして

防寒対策もばっちり、、、、、、、、

世界で一つだけの一生もののオリジナル

何といっても世界にたった一つのオリジナルデザイン

袖があったときも古着だから一点物だったのだけど

もっとカッコよくなりました

僕は一緒にあわせるのは、ライダースかロングトレンチですけど

ほとんどがタイトなシルエットのアイテムばかりなので

Tシャツにコートだけとかだから、こんなムートンジレは最高にあったかい

袖は手首さえしっかり閉めれば寒くないので

袖なしは大好きアイテムですよ

モノがしっかりしているから一生ものですね

アイデア次第でオンリーワンを楽しむのが一番

僕の作ってるハットなんかもこんな感じで

気に入った素材があればじゃんじゃん作ってるんです

どこかを変えるだけで使えるものです

新品では味わえない超お気に入りのアイテムは

ちょっとしたアイデアでゲットですね

************************************************

★★★

創作図鑑

★★★

ストックフォト

★★★

思った以上の人生は、すぐそこで待っている

★★★

Adobe Photoshop

★★★

ScreenPresso

★★★

***********************************************

スポンサード リンク

★★★★★★★★

ホームページ(このブログ)↓↓

突飛工房デコドルフィン|身に着けるロック|歩くアート

ライフログ↓

あとは愛するだけでいい(only by loving)

創作図鑑↓

デコドルフィンのオリジナル一点物創作図鑑

アメブロ↓

世界を変える親父バンド|モテる為のアイテムとおしゃれ術

FaceBookページ↓

デコドルフィンのアート法

Twitter↓

Hideki Sugihara

★★★★★★★★

[wp-cumulus]

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn