装着しやすいピアスの形状はキドニーがいい!使いやすい金具(パーツ)について考えてみた

ピアスはキドニーがいい

アクセサリーはいろいろなデザインがあり好みも人それぞれありますね

僕はその中でもちろん身に着けるのも好きなのですが作る側としてもいろいろ考えていることがあります

その中でピアスが一番悩みの種なんですね

スポンサーリンク

モチーフのデザインは自分で作るのでいいのですが

金具、パーツ、これを考えるといろいろな悩みにおちいりました

僕はピアスはしません

なぜっていい歳コイテ!ピアスホールを開けるのが怖いんです、、、

ピアスを作っているにもかかわらずです、、、、、

だから耳に飾りが欲しい時にはいろいろな方法を考えています

ノンホールピアスのように耳に直接ひっかけて使うイヤーフックみたいなものもいいし

でも

今日はピアスの形状の話なので

ピアスができない人のいろいろな方法は別の機会に書きますね!

スポンサーリンク

どんなピアスが好きかという時にはデザインは好きなものを選べばいいですが

金具(パーツ)はどんなタイプが好きかというと意見はさまざま

僕もアクセサリーショップの店員さんとかピアスを付けている友達に聴いたりして

いろいろな参考意見を聞きました

「ピアスの形状」とかでググってみたりいろいろとしてみたのですが

なかなかまとまった意見がないのですね

実際にピアスを着用している方は人それぞれさまざまでしょうが

僕は穴あけが怖いのでピアスを装着しる実感がわかりません

だから自分なりにいろいろ考えて結果一つの結論を出しました

箇条書きにしてみます

耳限定でホールを開けていることが前提です

  1. ピアス自体をすぐ無くす(すぐ落とす)
  2. 重すぎて耳が痛い(つけっぱなしが苦痛)
  3. 金具が細すぎて(太すぎて)耳に合わない
  4. 装着時に金具の角度が合わずにし辛い
  5. 金属アレルギーがある
  6. 久々にピアスをしたくなったが穴がふさがりできなくなる

などなどまだまだいろいろあるかもですね!!!

そこで、そんないろいろなピアスのデメリットを踏まえたうえで

今日はそのへんの話をしますね

どんなピアスパーツが最適か

そのへんの話です

そこで一つ

フック?キドニー? ピアス形状について考える

こんなサイトがあったので紹介させていただきます

僕の意見とも近い考え方なので

試作品@キドニーピアス。|Tiara de miyam

こんなサイトも参考になるかもです

スポンサーリンク

ピアスとイヤリングと比べるのは今日はなしとしてピアス限定にします

それも使いやすさについての話です

フックピアス

キドニーピアス

そもそもキドニーピアスとは

Kidney earrings

という英語名でキドニーの名前の由来は定かではないのですが

キドニーフック

画像のようにパーツそのものがシンプルで僕は好きです

モチーフ側の金具(Cカンや丸カン)を開かなくても装着できるパーツです

キドニー自体がU型の溝になっており解放状態になっているのですね

ピアスはキドニーがいい2

それに本体モチーフに表裏がある場合、左右どちらの耳にも好きなように着けることができるようにモチーフをすぐにはずしてモチーフの向きの付け替えができるのはいいですね

それにモチーフを差し替えできるということは別のお気に入りのピアスを付けることもできるなど色々なアレンジができます

何せ、本体の丸カンやCカンをU型の部分にひっかけ自ら外すことができるわけですからね

しかもピアスの先端をロックできるので装着時に落としたり無くしたりすることがない

これはそうとう良いのではないのでしょうか

デメリットとして装着するのが少しやりにくいという意見もありますが、、、、

便利さのほうが多いと思いますね

しかしキドニーピアスはそんなにいろいろな種類が無いように思えるので

キドニーフック自体を自作にしてモチーフとビジュアル的にマッチしたモノを作りたいです

いろいろなアイデアを盛り込んだオリジナルのキドニーフックを創りたいと思います

まだまだいろいろ試行錯誤をしながらクリエイトしていこうと思っています

ポップでアーティスティックなロックが聞こえるようなピアスを、、、、、、、、

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする