真夏のブルーイグアナ一匹インドシナウォータードラゴン3匹ケヅメリクガメの幼体1匹

デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
真夏の我が家の爬虫類

午後の8時、ベランダに一匹のインドシナウォータードラゴンがいる

物干しざおの支柱が気持ちいいらしくそこを動かない

勝手にしろ!!

スポンサーリンク

昼間

散々荒らしまくったベランダのヤブガラシガーデン

しかしヤブガラシはカルシウムが豊富である反面

シュウ酸も多く含まれていて

実は植物を餌とするイグアナやリクガメたちにはあまりよくないらしいというデータがある

ヤブガラシは最高のイグアナの食材と思っていたが

少し考え方を変えないといけないかもしれない

ここはメトセラ(ノアの箱舟のノアの祖父)の昼間の住まいだ

失礼、、、、、、

メトセラはケヅメリクガメの幼体の名前

こいつのために作った野草が自然に生えるベランダのプランターを

インドシナウォータードラゴンが荒しまくるのだ

3匹のインドシナウォータードラゴンが

やたらめったら荒らしまくる鹿沼土と腐葉土

そこには野草が育つべき聖地がある

雑食性の奴ら(インドシナウォータードラゴン)には関係のない世界

しかし

ここはお前ら以外に

ブルーイグアナ1匹

ケヅメリクガメの幼体1匹

そんな奴らも同居しているんだぜ

少しはわきまえろ、、、、、、

スポンサーリンク

夏の夜8時にこんな記事を書きたくなったのには意味がある

元々日本にはいない爬虫類を飼いだして一年が過ぎようとしている

最初はインドシナウォータードラゴン3匹

そしてアザンティックブルーイグアナ1匹

最後にケヅメリクガメの幼体1匹

インドシナウォータードラゴンを飼いだして1年が過ぎた

ブルーイグアナを飼いだして8カ月が過ぎた

ケヅメリクガメの幼体を飼いだして1カ月

インドシナウォータードラゴンの飼育1年

無事に経過したことを嬉しく思い

また

色々なことを考えもした

たとえばペットを飼うということは

たとえば爬虫類を飼うということは

たとえば冬の飼い方

たとえば夏の飼い方

たとえば日光浴

たとえば紫外線対策

もちろん食べるもの

もちろん拒食対策

などなど、、、、、、、、、、、、、、、、、、

etc.

そんな気分に僕をさせたのは

これら爬虫類たちへの感謝の気持ち

この一年

いや3年ほど前に二ホントカゲを捕まえてきて

子供のころから好きだった爬虫類との生活を

この年になって再開したことによる

僕の幼児期回帰への感謝の気持ちが一番大きいのだ

だからインドシナウォータードラゴンのいたずら

これはインドシナウォータードラゴンが日々成長し

これはインドシナウォータードラゴンが日々ここでの生活に馴れてきた

そんなことへの感謝の気持ちに他ならない

だから僕はこんな記事をまるで嬉しいことを書くような日記のように

今、書いているのかもしれない

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする