50才からだからできるお洒落になるための3つのポイントすでに身に付いているものをチョイスする方法

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
50代お洒落でいる為の3ポイント

歳を重ねた人生の経験がより素敵なお洒落に結びつくものです

ただ人はその方法を知らないだけ

男性も女性も関係ありません

ただし

若い人にはまねできません

人生経験があったほうがおしゃれになれるからです

スポンサーリンク

お洒落になりたくて身の周りだけを見て、もがいていませんか?

あなたがすでに持っているモノを引きだすだけでお洒落は身につくのに、、、、、、、、

あなたの身の周りにはお洒落はありません

探すのは

あなたの内部ですでにあなたが持っているものです

持っているのに見えないだけです

それを見えるようにすることが大切なのです

あなたの身の周りにあるすべてのものはオシャレとは関係のないものばかりです

もう一つの大切なものは

あなたと全く関係のないものです

身の周りにも無く今までに見たことも触ったこともないような

そんなものはとても必要です

見たことも聞いたこともないものを少しずつ知ることとでもいいましょうか

普段見慣れているものはどうでもいいので

初体験を沢山するです

  1. 自分の中を見定める
  2. 周りは見るな
  3. 知らない世界に興味を示す

こんな感じですかね、お洒落の3ポイントです

自分のオシャレは人のおしゃれとは関係ない

自分のオシャレは自分の内側と始めて観る外の世界にある

身に周りばかり見ているのはただのお勉強であり評論家のすること

自分の内側だけではマイナス思考になる

自分の身の周りだけではただのプラス思考の能無しのおバカさん

外の世界を見ることはブレイクスルーの新発見

マイナス思考はとても大切なことです

人生における失敗にあたることをたくさん経験することが大切だからです

僕は別記事でぶれる生き方をお勧めしています

ブレない生き方を捨ててぶれまくる完璧はもろく中途半端な柔軟性が最も強い動き回る野心家の魂を持つ意味

「ぶれない生き方」ほど愚かなエリート意識はありませんね

ぶれまくって失敗をしまくって初めて本当の自分だけのブレない生き方ができるのですから

社会的にぶれていない奴なんて愚かモノです

自分のオリジナルとしてのぶれのなさを作らなくては

そのためには思いっきりぶれまくって自分の失敗に経験がプラスされて人にはない独自のお洒落が身に付くのですから

スポンサーリンク


自分を見定める

自分に似合うものは自分の中にあります

だから自分を見定めることが最も大切な行為です

人はついつい身の周りを見がちです

自分に向きあうこともせずに、、、、

お洒落を考える時にまず考えなくてはならないことは

何が自分に似合うのか

ということです

当然のことながら自分が持ち合わせている

気持ちにマッチしたモノですね

マッチしたモノとは物ではありません

物質ではなくマインド(心)のことです

自分に似合ったものは自分の考えに逆らわないものです

だから自分の思考を大切にして

自分に向きあうことをお勧めします

自分を止観(しかん)することです

止観とは煩悩に左右されずによく目を持たずに

冷静に自分を見つめて自分の実態を知ることです

自分の実態はすでにそこにあるのですが人はそれを本能で避けて通ります

自分の心の在りかはすでにそこにあるのですが見ていないのです

周りにある物質ばかりが眼に入ってしまい

内に向かってモノを見ません

自分に一番似合っているものにもかかわらず

カッコ良いものが自分に似合う物ではありません

自分がすでに持っているものが

自分にとって一番似合うモノです

スポンサーリンク


周りは見るな

雑誌のグラビアであなたが気に入ったファッションがあったとしましょう

街で素的なファッションの人が歩いていたでもかまいません

テレビであこがれのタレント超素敵なカッコをしていたでもいいです

これらは誰しもがカッコいいと思う立ち姿かもしれません

それが誰であってもかまいませんが

ただ一つ言えることはあなたではないということです

雑誌に載っていたのはファッションモデルでしょうか

街で歩いていたのは一般人でしょうか

テレビで見たのはミュージシャンでしょうか

これらの人はあなたではないからカッコいいのです

言い方を変えるとあなたが同じかっこを真似しても似合いません

逆の言い方をすると

あなたがとてもカッコいい服装をしていたとします

ほかの人があなたと同じ格好をしても

ほかの人があなたと同じ服装をしたり

同じコーディネートをしても

あなたのようにカッコ良い着こなしにはなりません

あなただからこそカッコ良い着こなしがあるからです

なぜならば

自分の良さを止観で感じ取っているあなたにしか似合わない

そんな着こなしだからです

だから周りを見てはいけません

あなたがカッコいいと思う人の服装は

その人だからカッコイイのです

その人が身に着けている物が気にいって

同じモノを購入してもあなたには似合いません

あなたが見るべきなのは

その人の身体や顔や服ではなく

カッコいいと思った着こなしのイメージです

イメージを自分のモノにするために参考にすることが大切なのです

物ではなくモノ(イメージ)を盗むのです

それは具体的なものではなく

抽象的なものでいいのです

目に見える物ではなく

目に見えないものが大切なのです

かもしだす雰囲気を掴むのです

スポンサーリンク


知らない世界に興味を示す

  1. まずは自分自身を見つめて自分の中から自分だけの素敵な持ち物をチョイスする、それは人には無いあなただけのモノだから人がマネをしてもできるものではない
  2. 逆に言うとあなたも人のマネをしてもダメ!!真似をするべきモノは(取得するのは)イメージである、具体的な物ではなく抽象的な雰囲気を他人から盗むことが大切です

こんな感じの話をしました

自分の素敵なものは若い人より

人生経験が豊富な50代のほうが断然豊富に持っています

それに気付くだけでいいのです

そしてこれも若い人には難しいのですが

豊富な人生経験を活かしてできることがもう一つあります

それは今までに見たこともないモノに興味を示すのです

そしてそれを自分のこれからの人生に取り込むのです

もちろん好きだと思ったり気に入ったものだけでいいですよ

長年生きてきた経験、体験が、また新たな未知の世界を経験することにより

より豊かな自分を作りだすことができるように促してあげてください

好きなものだけがいいのです

好きなモノを経験体験することが居心地の良い空間をさらに作りだします

今のあなたのマンネリ化した感性から脱出するためです

いがいに若い人はできそうでできないのです

自分の冒険をしないのは若い人たちです

年配の人のほうが残された時間が少ない分だけ

好きなモノや心地よいものに対する変化に敏感に対応できるからです

怪しいものに手を出してはいけませんよ(笑)

詐欺まがいのものとか、、、、、、

そんなものではなく今までにやりたくてもできなかったものごとに

貪欲になって興味を示してやってみるということです

have to(やらなくては)ではなく

want to(やりたい)で行きましょう

新たな好きなモノを経験体験することは自分の意外なおしゃれ感を発見する手助けをしてくれます

本当のオシャレは今の自分がお洒落であることです

昨日の自分のオシャレは時間と共に過去のものになっています

10代、20代のころのあなたのお洒落も当時の時代背景のもとに成りたっています

今のおしゃれ感は

自分の中にある自分だけの感性と

新たに好きな物事を経験体験することによって生まれた新しい感性が

混ざり合って作られます

こんな感じです

今の時代に適した自分だけのオシャレ

スポンサーリンク


まとめ

時代と共に身の周りの様々なものは刻一刻と変化しています

諸行無常ですね

その中でつい最近まで若者だったあなたも

人生の成熟期に入っています

あなたが40代でも50代、60代でもそれ以上でも一緒です

刻一刻と時は過ぎていきますから

オシャレの話をするときに大切にしなくてはいけないのは

今という時代です

もう一つ一番大切なモノは

自分自身です

イコール↓

今を生きる自分がすべてです

そのために必要なことは3つだけのポイントは最初に述べた

  1. 自分の中を見定める
  2. 周りは見るな
  3. 知らない世界に興味を示す

この中の2番目は物ではなくイメージを大切にして参考にするということです

人生を長年経験するということは

それだけ自分自身と向き合い

また世間を長く見てきたということです

ですからそれらの経験と体験がお洒落につながるということです

着ている物がオシャレなのではなく

人の立ち居姿がオシャレなのだという事です

生きてきたという事実そのものが

一番にお洒落につながるという自覚を持つことが必要なのです

そのためには今自分が好きな物事を自分の目で耳で鼻で口で経験して

感性で感じて思いっきり楽しむこと

それとは逆に嫌なもの嫌いなものには

素直に嫌だ!嫌いだ!と言える

素直に嫌だ!嫌いだ!と感じる

こんな自分自身の判断力が必要です

お洒落とは

自分にわがままを許すことです

世間の目を気にせずに自己主張することです

自分だけの人生を謳歌する

そしてそんな立ち姿が在って初めて人から見て

カッコ良い自分にもなれるのです

まずは人の眼など気にする暇があったら

自分磨きをしましょう

自分磨きとは世間を見てお勉強をすることではありません

自分磨きとは

好きなモノを自分に取り込むことです

それには好きなことをやるしかありません

好きなモノは探すものではありません

あなたの普段やっていることです

本能で行っていることです

三度の食事もテレビも散歩も読書もエッチも(笑)

そんな普段行っていることをもっともっと楽しむ

そんな人生がお洒落ということ

もちろん新たなチャレンジはもっと素敵です

やりたくても出なかったことを新たに始めたい

大いにやってください

あなたのお洒落は

今やりたいことが応援してくれます

お洒落とはわがままな自己表現なのですから

好きなことがない趣味がない悩みや困ってる人|誰にでも1日3回好きなものに出会っている

オシャレとは自分に似ている匂いのするものを探す旅

赤抜けた10歳の子どもよりも100歳の老人のほうがかっこいいオシャレは生きた証の物語だから

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする