好きなことがない趣味がない悩みや困ってる人|誰にでも1日3回好きなものに出会っている

目次
趣味のない人の思考法改善

あなたは自覚していないだけで

好きなものは一日に3回は必ずあなたを訪れています

そしてあなたはそれを受け止めています

もしあなたが健康的な食事を取っているのであれば

スポンサーリンク

好きなものは探すものではありません

すでにあなたが身に着けているものなのです

好きなものを認識するきっかけは自分の中にある物を引っ張り出すことです

まずはそこから始まる好きなものミッケ!

趣味が欲しくて悩んでいる人は思考法を改善しましょう

僕は趣味がありません

でも毎日好きなことをして忙しいです

だから趣味になんかかかわっている時間はないので

そんなものはいりません

だって好きなことをこなすことで精一杯ですから

もしあなたが趣味がなくて困っているのであれば

それは決して間違えではないので

だって趣味なんかやっている時間がないはずですから

好きなことをちゃんと自分で認識できれば

趣味はいりません

そんなあらたまって探す必要はないことですから

素直に自分の好きなものと向き合うことのほうが

よほどあなたにとって大切なことですから

とにかく話を聞いてくださいな

このページはピカソのように考えるです

スポンサーリンク

趣味なんていらない邪魔なだけ

ネットでよくある悩み相談で、「趣味がなくて困ってます」ってありますよね

よくある悩み相談

「もうすぐ定年を迎えますが定年後に趣味がなくて、、、、」

「高校生の男子です友達ができません趣味もなくて、、、、」

「中学生女子です友達と比べて不器用で趣味もなくて、、、」

「20代独身の女性です毎日が気力がなく趣味もなく、、、、」

「30代の独身男性です若い時から優柔不断で趣味もなく、、」

「40代フリーター女性ですおカネも彼もなく趣味もなく、、」

「40代会社員男性何に対しも興味が持てなく趣味もなく、、」

まだまだありでしょうがきりがないので、、、、、、、、、

あなたもどれかに当てはまりますか、、、、、、

答えはだいたい決まってますね、、、、、

よくある悩みの答え

趣味がなくて困っている人必見です

今のあなたの状態は以下のどれかに当てはまりますか?

  1. お金がない
  2. 不器用である
  3. 何事にも無関心
  4. 優柔不断である
  5. 行動力がない
  6. 友達がいない
  7. とにかくめんどくさい

一つでも当てはまるようであればまずはそれを直しましょう

そしてあなたにあった趣味を見つけましょう、見つける方法は

、、、、、、、、、、、、、、、、さあ実践しましょうね

たとえばこんなおススメの趣味もありますよ

  • 料理を作る
  • ペットを飼う
  • アウトドアスポーツをやる、たとえば、、、
  • ジムに通う
  • 旅行をする
  • 園芸をする
  • ハンドクラフトをする
  • 読書や俳句をする
  • etc、etc.、、、、、、、、

こんな記事を見つけたら僕は速攻で逃げます

だってこんなこと全部やりたくありませんから

悩みの相談になっていませんよね

だって趣味が無くて困っている人に

無理やり趣味を押し付けるほどいやなことはないじゃないですか

しかも変な理屈で、自分を変えましょうなんて言ってるんですよ

もう一度言いますが僕は趣味はありません

趣味みたいなめんどくさいものはいりません

でも全然困ってなんかいません

僕の答え

僕ならこんな悩みを相談されたら、このように答えます

「趣味が無いあなたは偉い、、、、大正解です」

これが答えです

えッ、、、何で何でッて思っているあなた、、、、、、

これから話しますので、、、、、、、、

スポンサーリンク

趣味が無くても好きなものはあるはず

たとえば自分は趣味が無いと思っているあなた

趣味はなくても好きなものはあるはずですよね

「いや俺は好きなものなんてない」って言っている男性諸君

「いやあたしは好きなものなんてない」っていっている女性諸君

僕は言いきります、絶対にあります、趣味はなくても好きなものはあります

男性の場合

たとえば男性諸君、「女」は嫌いですか、、、、、、

嫌いっていう人は、嘘つきです、女好きだといっている訳ではないですよ

好きな女の子のタイプはあるでしょう、、、ってこと

男なら絶対あります、先に好きになり、好きになった女の子がタイプだったって気付く場合もありますが、好きには変わりはないでしょう

俺は女嫌いだなんていったいる人ほど女好きなものです

中性の場合

もし女が本当に嫌いなら、というか興味がないならあなたは男性ではなく中性の人ですね

体は男でも中身は女性、このような人はたくさんいます何も不思議でも何でもありません

でもこのような人は男好きです、これも好きなものとして認めるべきです

ついでに言っておきますが

体が女でも中身は男性っていう人も同じことですので、あしからず、、、、

男性と女性を入れ替えるだけですから、、、、、、、、

女性の場合

たとえば女性諸君、「食べること」は嫌いですか、、、、

(別に男は嫌いですか、、、ッて質問でもよかったのですが同じじゃつまらないので)

食は嫌いな人はいないはず、何も料理や食事が趣味でなくても、好きな食べ物の一つや二つはあるはず

ないとは言わせません、絶対にありますよ

好きなものの判断基準を間違えるな

たとえば僕の好きなものは

音楽ではプログレが好き(プログレッシブロック)

小説ならSF(サイエンスフィクション)、SMじゃないですよ、、、

食事はお寿司(江戸前)

スポーツはツーリング(チャリ)

などなど色々あります(あり過ぎで困ってます)

でも、趣味はって聞かれると困ってしまう

そんなにのめりこめることってない、、、ほんとにない、、、、

あったら困る、趣味があったら困るんです

だって、のめりこむことがあったら、それに時間がかかって

好きなことをする時間がなくなってしまう

ただでさえもっと時間が欲しいのに

だから僕は趣味はいらない、無くていい

好きなものは探しちゃダメ

好きなものは探して見つける物ではないのです

好きなものとはもともと自分が持っているものなのです

たとえばさっき僕が好きなものを並べたように

子どもの時から生きてきた中で

何かをやって、いいな~、好きだな~って思ったものなのです

何十年?、、、生きてきた中でたくさんありますよ

たとえば音楽だけど

僕はプログレが好きって書いたけど

プログレファンではない、趣味がプログレではない

いやいやこれは屁理屈じゃなくて、、、

好きな曲は数えるほど、、

日本の音楽なんてほとんど聞かないが

僕の一番好きな曲(今まで生きてきた中で)は

荒井由実の”ベルベットイースター”ですからね

毎日のように聞いている

何十年も前の曲なのに今でも好きだし一生好き、、、

でも趣味は、、、ベルベットイースターです

なんて人には言わないでしょ

ちょっとそれって違いますよね、、、、

もう一つ例をあげると

お寿司は大好きだけど

魚のネタによって好き嫌いがあるし

寿司の全部が好きなわけじゃないし

別に寿司を食うのが趣味ではないですからね

そういうのって、あなたも絶対にあるはず

探さなくてもあるはず、、、、

それが好きなものなんだよね、、

人にはそれぞれ思考回路がある

それともう一つは同じようなものごとでも

それを見る人、

それを聴く人

それを読む人

みんな思考回路が違うってこと

100人いたら100通りの思考回路があるわけです

思考回路は物で決めない思考回路は感性で決める

僕の思考回路は好き嫌いがはっきりしています

いや、みんなはっきりしているのです

それは

好きな物事ではなく好きな感性で決まる

僕はさっき言った荒井由実のベルベットイースターが好きなのは

荒井由実の人柄や曲だから好きなのではなく

ベルベットイースターという曲の”感性”が好きなのです

僕の感性に響くんです

僕の好きな感性は抒情的なものです

だからあらゆるジャンルの音楽の中で抒情的な感性にぴったりはまるとジャンルは関係なく

演歌でも。クラシックでも、ジャズでも、ヘビメタでもなんでも好き、、、

これは音楽以外のすべての物事に当てはまることなのです

すべての好きなものは自分の感性が対象とするモノの感性とピッタリくるかどうかが

好き嫌いの基準です

これも例ですが僕の友達にラテン好きがいて(女性です)

音楽だけではなくいろいろなラテンが好きなのですね

いわゆるラテン系の女ってやつですね

その人と話しているととても面白い現象があるので

ちょっと話しますね

さっき言ったように

僕は情緒的嗜好

僕の友達はラテン嗜好

ここでは接点があまりないのですが

音楽で言うと彼女はラテン音楽全般が好きなんですね

これはラテン音楽だから好きなのではなく

ラテン系のリズムが好きなのです

そして僕の情緒性の中の感性はラテンが嫌いではありません

でも特別ラテンのリズムが好きなわけではないのです

そこで僕がとても好きなラテン音楽のジャンルがあるのです

それはボサノバです

僕はこのボサノバというロマンティックな情緒性のあるリズムと雰囲気が大好き

そして彼女も当然ラテンのリズムのボサノバが大好き

僕は同じボサノバでも情緒性が気に入っている

彼女は同じボサノバでもリズムが気に入っている

だから僕の好きな音楽ジャンルと彼女が好きな音楽ジャンルは違っても

お互いのに心地よくなれる曲があるわけですが

心地よさを見出す視点は違うのです

ボサノバ大好き

思考回路が違うということですね

とっても面白かった本を

「この本絶対に面白いから読んで見て」

って人に貸しても反応がない場合や

人から進められたけど面白くなかった本などは

よくある出来事ですね

これもし思考回路が違うってことですね

良い所取りをすることがグ―

いろいろな好きなことをチョイスする

だから考え方を変えて

好きなものを探すのではなく

自分にはどんな感性(感受性)があるのか

それをもとに好きなものを見つければいいのです

見つけるというより

すでにあるのですから

それに気付いていないだけなのです

色々な物事の中から好きなところだけチョイスすればいいのです

それって趣味じゃなくて

好きなものなんです

スポンサーリンク

好きなことや趣味は人生

僕は生きることが趣味だと思っています

趣味で生きるって素敵じゃないですか

人から「趣味はありますか、、」

って聞かれたら

「僕の趣味ですか、、、そうですね、、生きていることが趣味ですからほかにはありませんね」

って答えます

だって事実ですから

好きなことや趣味が僕の人生そのものですからね

ちなみにぼくの職業は、、、正義の味方ですから、、、

仕事内容は、、、地球の平和を守ることですよ、、、

今僕は、メチャクチャ忙しいんです、、、、

地球が平和でないので、、、、、、、、

あなたはどうですか、、、、、

趣味なんてどうでもいいでしょ

生きているあなた自身が趣味なのですから

それ以外のことはどうでもいいでしょ、、、、、、、、

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする