ユニクロのトラウマ発表センスのない顧客と質の悪いアフィリエイター

目次
ユニクロが最悪な顧客を作っているのは

創業30年来常にユニクロを脅かしていることがあるファーストリテイリングは自社のトラウマを排除しない限り世界一にはなりえない、それは企業にとって最も大切なことだからである結論から言おう

ユニクロのトラウマは質の悪い客層とセンスのない外部の宣伝マンだ

ユニクロ自身がこんな大切なことをなぜほっぽっておくのか、、、、それとも気付いていないのか

スポンサーリンク

30年の発展と黒歴史

良きにつけ悪しきにつけ世間の噂が絶えないのはその突出した話題性だろう

常に世間の話題になっていることはお見事というべきである

日本一売り上げを誇るブランドになったことは一重に企業努力のたまものである

そんな素晴らしい服飾企業が小売店からオリジナルの商品に至るまで

すべて自社管理体制で経営していることのメリットの証である

しかしものごとには良いことが突出している分

反作用として負の財産を抱えることは宿命である

前回書いた記事に

ユニクロの黒歴史は売る側ではなく買う側と着こなし提案してる奴

があるここではユニクロの負の財産をもっと具体的に掘り下げていきたい

スポンサーリンク

社内管理と社外管理

企業というものは常に変化をしてゆくことが必要である

ユニクロはブランド名であって企業名ではない

ユニクロというブランドも会社の変化と共に常に変化をしてきたブランドといえる

世間で言う黒歴史的なこと自体いろいろあるが

僕は前回の記事で本当のユニクロの黒歴史は

社内ではなく社外(顧客と外部の宣伝マン)だと書いた

ここまで社内管理をしていて発展を遂げてきた企業が

なぜ社外管理をできないのか

僕は不思議でしかたがない

率直に言うと

ユニクロを買う客のダサさだ

ユニクロをアフィリエイトしている外部の宣伝マン(アフィリエイター)のダサさだ

世界一質の悪い客層を持つブランド

何度も言っているのだがユニクロ自身は30年の間にセンスアップしている

問題は外部のセンスのなさだ

社外管理なんてどうでもいいだろって言う声が聞こえてきそうだが

客層の良し悪しがどれだけブランドイメージを作り上げてしまうかという大きな問題がここには潜んでいるのだ

もう一つはネットなどでユニクロの販売補助をしているアフィリエイターたちの最低の質の悪さだ

ろくにファッションのことを知りもしないド素人がユニクロのブランドネームバリューに飛びついて

勝手なドセンスのない着こなし提案やコーディネイトをして

全くファッションに興味のないこれまたド素人の消費者をたぶらかして

ユニクロの商品を売りまくって商売にしている

アフィリエイトとはこのような仕組みである

「アフィリエイトとは」の画像検索結果

アフィリエイトとは、あなたのサイト(ブログ)で広告主の商品やサービスを紹介することで、ユーザーが商品を購入するなどの成果があがった場合に報酬(広告収入)を受け取ることができる仕組みです。

アフィリエイトの仕組み|アフィリエイト初めてのかたへ|アフィリエイトの …

https://www.accesstrade.ne.jp/beginner/affiliate

こんな仕組みで一番売りやすいのは名前の知られているブランドである

しかもさほど高いものではないので無責任なコーディネイト(着こなし提案)で

物が売れてしまう

それを行うことはもちろん自由であり正当なネット上の商売なので

誰も文句をつけようがない

むしろ誰でも気軽に小遣い稼ぎができる合法なものである

 

しかしその売り方が世界1センスのない客層を作り上げてしまっているのだ

ブランドイメージを上げるむずかしさ

もし社外の素人販売人を教育管理していれば少しはまともな客層に変化していくかもしれない

ユニクロのCMと実際の購入者の着こなしにこれほどのギャップが生まれる理由はそこにあるのである

そのことがどれだけブランドイメージを下げているかわからない

所詮、ファストブランドといわれる理由はそこにあるのだ

どんなに厳しい社内規定をして社外の教育をしても

購入者の質をあげる努力をしていない付けが廻って来ている

30年の間に、客層が変わっても客層のセンスの悪さが変わらず底辺で固定されてしまっている由縁である

ユニクロはファストファッションではないヴィトンもファストじゃない

ユニクロがダサい理由|大学生社会人の服装と夏木マリを比べてみる

ユニクロの黒歴史は売る側ではなく買う側と着こなし提案してる奴

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする