大田区からの多摩川の旅!そこはいつも何かの始まり

目次
%e5%87%ba%e7%99%ba%e7%82%b9%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%a4%e3%82%82%e5%a4%9a%e6%91%a9%e5%b7%9d

僕の住んでいる東京の大田区、子供のころから親しんだ場所である、大田区で好きな場所は色々あるが一つだけ一番の場所を選ぶなら多摩川以外には考えれない、そこはいつも僕の旅の出発点だから、、、

スポンサーリンク

ツーリングでの出発点

都内のツーリングより西と南が好きだ

大田区にとって西と南といえば

多摩川沿いか神奈川県になる

だから僕が好きなツーリングは

多摩川を西に進む

神奈川県を走る

こんなふうにいつも始まるのだ

神奈川に行くにしても

多摩川は必ず渡らなくてはならない

帰りはいつも「お帰りなさい」と迎えてくれるのも多摩川である

旅の始まり

かれこれ数十年、僕の趣味は多摩川と共に旅をする自転車ツーリングである

この旅はいつも思いがけない出会いを作ってくれる

今回の旅の出会いを少し話したくなった

大田区で一番好きな多摩川は魔法の川である

なぜならば、心がワクワクするのだ

その方角に行くことを考えるだけで僕の心は高まる

今でも例外無くだ

それは夢とか、憧れへの旅立ちに他ならないからである

その先には、自便が経験したことがない世界が広がっているという

冒険が待ち構えていることを僕自身が直感でわかっているからである

多摩川で撮影

旅立ちの原点は、常に多摩川の河川敷

大田区の多摩川の河川敷がスタート時点だ

多摩川大橋であろうが

ガス橋であろうが

丸子橋であろうが

これらの出発点が常に旅の原点であり僕の夢の聖地へいざなう場所

スポンサーリンク

旅の目的はそこでの新たな出会い

漠然とした目的を持って出発をすることはある

全く何も考えずにペダルをこぎ出すこともある

その行動のほとんどが予想もしていない場所で方向を変える

すべてがその場その場の直感だ

この動画がすべてを物語っている

出発点はいつも多摩川で旅の目的は後からついてくる発見と共に

僕は思う

大切なことは一歩踏みだすこと

たとえ何かから逃げる行為であっても

逃げることによって自分が救われるのであればそれでいいと思う

大切なことは、自分のなっと越した人生を歩み続けることだ

たとえそれが何かから逃げる行為になったとしてもいいのだ

あとから後悔しないように自分に素直に生きているのであれば

トカゲを捕まえた瞬間

スポンサーリンク

出会い

道端での

ほんのささいな出会いがあった

今日は初めての道を走りたくて今までにない道を探し当てた

とても心地よかった

久々の朝からのツーリングで帰りの時間も気にすることはない旅だった

出会いは二ホントカゲ

多摩川からそれた道を西に向かって走り続けての出会いである

8月の時間にゆとりがある気持ちの良い一日を過ごしたくてあてども無く行こうと思っていた

そんな矢先の出来事で

僕は思わず子どものころを思いだし

BD1を止めて草むらめがけて左手を出した

そう言えば何か大切なものを持つときに

必ず左手が出るな、、、、

今思うとこの時も左手が無意識に、、、、、、

気がつけばいつも持っている雨対策のコンビニ袋に

捕まえた二ホントカゲが入っていて

スタートしているこれから進むのは限りなく西だ

この日はBD1で謎の道に入る

大田区発鶴川街道から多摩センターBookOffまでの国士館大経由近道

ここまで来たらもうなじみの道だ

しかし過去何度も何度も間違えてなかなか出られなかった場所にようやく来ることができたのである

1年がかりで5度目くらいの正直だ

僕はbookoffで虫かごを探したが見つからずにとかくのホームセンターで購入

そこへ捕まえてトカゲを入れるため

展開

次はトカゲの餌だ

なぜか無意識のうちにここまでの行動を何の疑問もなくこなしていた

しかもホームセンターで近くにある爬虫類のいるペットショップを聞きだし

すぐに向かい二ホントカゲの餌であるコオロギを買う

さらにそこでグリーンイグアナと出会うことになる

グリーンイグアナを触る経験もできた

すでに今回の旅の目的は達成できた

幼少以来の銀トカゲとの出会いである

僕が子どものころは二ホントカゲは”銀トカゲ”という名前だった

帰り道は全然違う道を走るのが僕の流儀だ

そのまま野猿街道というすごい名前の走りなれた道に出る

そこはセミの宝庫であった

こんなチャンスはめったに無いので

一つの木でのセミの連続素手取りをして動画に収録する

セミの素手捕りの極意!必見!9匹連続つかみ取りのコツを教えます

どっちかというとこれが今回のメインだったがいろいろな物が手に入った気分

帰りはBD1の壊れたギヤーチェンジを聖蹟桜ヶ丘の自転車ショップでなおして家路に

帰り路の多摩川の花火大会の準備に出逢う

トカゲをなるべく驚かさないように虫かごに入れたまま

ウキウキ気分で家路に向かう途中

多摩川で花火大会の準備風景に出逢う

純白のテラスチェアーとテーブルの座席で一人5000円の花火観覧料だという

土手で涼んでいたおじいちゃんと話て知ったのである

真っ白なテラスチェアーで花火を見るらしい

すごい量のチェアー

まるで天国へのイスのようにこのままトンでいってしまうような風景

さて大田区への帰路につくかな

帰路

今回の旅は思いがけない僕の行動へとつながってゆく

せめて一月ほどで逃がそうと思ったトカゲを今だに飼っているのだ

2か月ほどになる

こうなったら冬越えだって思いながら

二ホントカゲの物語もすでに始まっている

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn