キイハンターがシンジケートを懲らしめる国際社会の秩序を守るため世界の平和と東側の陰謀

デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
キーハンター野際陽子

キイハンターの野際陽子が亡くなった

スポンサーリンク

千葉真一、谷隼人、大川栄子、松岡きっこ、そして丹波哲郎

彼らはキイハンター

実は

秘密の正義の味方

僕のアイドル

謎の洋館が登場して

そこの住む謎の怪しい住人がいたり

突然ロマンがあったり

突然小型飛行機に乗ったり

突然千葉真一が黒革の手首までしかない手袋をはめていたり

スポンサーリンク

そして”非情のライセンス”

野際陽子が歌う歌詞はドラマの内容そのままだった

彼らは恋も夢も望みも捨てて

今日愛し合った二人が

明日は敵と味方の二人になってしまう

そんな危険な仕事をしていたのだ

だが彼らはそんな自分たちを

誇りに思って活躍していた

スポンサーリンク

さらにこのドラマで知りあって結婚した野際陽子

相手の千葉真一と年が同じだったはず??

たしか当時は、、、、、、

今、亡くなった時点で千葉真一の年齢を3つも上回っている

(これは余談です)

後に谷隼人と結婚した松岡きっこは後半からの出演

川口浩、宮内洋なども途中から加入する

始め1年の予定が5年間に渡って繰り広げられたのは

今までにないストーリー性の表れであり絶大の人気であったことからもうなずける

キイハンターというタイトルは

ウィキペディアより

キイハンター

『キイハンター』という言葉はこのドラマで作られた造語で、「Key 鍵 (道具)鍵 (暗号)」とは解決の手がかりを意味し、それにおどりかかる「Hunter (狩人たち)」と言う意味でつけられた[10]。日本ではkey は「キー」と表記されるのが一般的だが、番組の固有タイトルは『キイハンター』であり「キーハンター」ではなく、映像上のタイトルは『KEYHUNTER 』と英字で表記されている。オープニングナレーションは前期と後期で異なるスクリプトが用いられたが、締めの『KEYHUNTER 』の3×3の正方形が現れる部分での「彼らはこう呼ばれた―」の読み上げは不変。一般的に、主題歌『非情のライセンス』の歌詞の一部でもある後期スクリプトの方がよく知られている。

キイハンター野際陽子

スポンサーリンク

野際陽子81歳

キイハンターのメンバーで

丹波哲郎に次ぐ二人目の殉職だ

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする