意識が向こう側に行ってしまうグリーンイグアナの給餌ソラリス妄想しないでこっちに来て

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
妄想するイグアナ

どうやら拒食の原因は妄想なのかもしれない

グリーンイグアナのソラリスは妄想していると餌に全く興味を示さない

というよりも四六時中妄想しているので

餌を近くに持っていっても常に遠くを見ている

きっと惑星ソラリスを思いだしているのでしょう

スポンサーリンク

異次元を見ているグリーンイグアナ

近づいたり手を伸ばしたりすると

危険を察知するようですぐにシッポピンピン

大口を開けて威嚇

だから目が見えない訳ではないのですね

最近強制給餌でのハンドリングが長時間にわたるおかげで

だいぶ僕になれてきたので

そっと近づけば威嚇することが少なくなってきましたが

相変わらず異次元を見ています

遠い目をするのですね

ふと我に帰ったようにじろっと僕を見ることがあります

それは不意を突かれて小松菜などを口に入れられて

やりやがったな~~

ってな顔で僕を見る時です

自然に口の中に入ってしまった葉っぱは

じっと固まってそのままの時もありますし

そんな時はツンツンとつつくとアグアグと噛みだしたり

我に帰るというか

現実に引き戻されるというか

たまに現実に戻って来るのです

ふだんは遠い目をして常に異次元の世界にいるようです

スポンサーリンク

異次元対策はこっちから入りこむこと

さてさて

そんな時にはこっちからグリーンイグアナのソラリスのいる異次元に入りこむ努力をします

ソラリスがいる

「惑星ソラリス」

に入りこむのです

というか

イグアナのソラリス惑星ソラリスに帰る

ってことでしょうね

だから僕も惑星ソラリスについてゆくのです

スポンサーリンク

言いかえると自然体でつきあうこと

どんなに無理やり食べさせようとしても

拒食症のグリーンイグアナは早く食べないし

拒食のブルーイグアナは口を開けないし

拒食症のペットは吐いてしまいます

ですので

相手(ペット)のペースに合わせてゆっくりと

拒食のグリーンイグアナに合わせてゆっくりと

こちらの世界に呼び戻すのでは無く

あえて向こうの世界に入りこむように

そんな風に付き合ってみることにしました

一緒の世界を見て生きてゆけば無理なく近づくことができて

やがて自分から食べてくれるのではないかと、、、、

スポンサーリンク

何となくまとめ

しかしとにかくこの3次元の物質世界では

食べないことには生きて行けません

食べる時間だけはちゃんとこっちの世界に戻ってきて

ムシャムシャと葉っぱを食べてくれないと

死んでしまいます

頑張れソラリス

死ぬなよソラリス

一緒に惑星ソラリスに行くので

たまにはこっちの地球に戻って食べてくれ

食べる時だけでいいから

こっちに戻って来てくれよな

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn