熊本地震の発生時刻の瞬間に波動が東京まで伝わった一瞬の大きな響き

目次
地震波動

一瞬、「来たっ!!!」て思わず言ってしまった揺れというか響きを感じ思わず野球中継からNHKにテレビチャンネルを変えてしまったが報道しない他局もいくつか廻してもやはり地震報道はなかった

**********************************************

スポンサード リンク

***********************************************

地震の波動は距離ではない道がある

僕は、瞬間的に

デカい

と思った、ヤバいこれはと思い立ち上がろうとした瞬間、おさまった。ものの0.5秒ほどだったかもしれない、とっさにテレビチャンネルを野球中継から変えるもどこの局でも地震の字幕テロップは現れてこないおかしいと思ったが、台所で立ち作業をしているはずの母も何も気づかない様子だ、気づかないならそっとしておこうと思い僕は間もなく茶の間から自室に向いパソコンの作業をして床につく

朝起きると熊本で震度7の地震報道を繰り返している

思わず時間を確認すると4月14日の夜の9時26分

間違いない、僕が家の響きで緊張した時間だ

しかし熊本かと思いながらも確信した

波動

東京で地震を感じたというより地震による波動が東京まで来たのだ、以前にも東日本大震災の後に東北地方で起こった地震の際感じたことがあったので、僕は波動が起こることは経験していて知っていた

だが昨日の熊本の地震は距離がもっと遠いが半端ではない響きだった、ほんの一瞬だったのだが家がミシッていう音を立てもし何秒も続いたらほんとにやばいと思うぐらいの響だった

**********************************************

スポンサード リンク

**********************************************

★★★

地震の波動は電波なのか音波なのか

まさか光の速さではないだろうが音の速さなら熊本から東京にすぐに波動が伝わるだろう、それにしてもあそこまで凄い響きを感じたのに報道では聞いていないどこかの番組で言っている人がいるのだろうか、きっと地底に道があるのかもしれない波動が伝わりやすい磁場でもあるのだろうか、きっと科学で解明できることなのだろうが僕にはわからない、ただこのようなことが何度か起きたという事実と、今回の感じ方は激しいモノだったという事実だけが今も僕を驚かせている

直感や霊感や予知のようなものではなくて伝わっってきた実際の響きなのだ

***********************************

2016年5月9日追記

こんなに時間が経過してもいまだに地震(余震)が続くのは初めてと言う

もちろん地球の歴史の中ではもっと凄い比較にならないことが起きているし、その結果今の地球の地形ができたのだから、、、、

現代社会において人間が経験したことのない、しつこい地震の回数であることは間違いのだ

人が地球に住んでいる住んでいないにかかわらず、人間の住みやすい環境は何時崩れるかわからない

それが地球というものだ、だから天災は避けられなくても、それに伴う人災だけは絶対に起こさないようにするべきだ、東日本大震災時の福島原発のように、、、、、、、、

 

***********************************************

スポンサード リンク

★★★★★★★★

FaceBookページ↓

デコドルフィンのアート法

Twitter↓

Hideki Sugihara

★★★★★★★★

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn