アルデンテが好きならばカップ麺にふたをするな!3分待たずに食べろ

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
カップヌードルの正しい食べ方アルデンテが好きならば

最愛のカップヌードルの最高の食べ方を伝授しよう、僕はカップ麺を食べる時にふたを一気にはがしてお湯を注いだ状態でかき回してそのまま待たずに食べだす、そうすることによって、ゆっくり食べても食べ終わるまでアルデンテのいい状態で食べ終わることができる、カップ麺の食べ方の極意は3分待つのではなくお湯を注いで3分後には麺を食べ終わることにある、そしてゆっくりスープを飲みほして有意義なカップ麺の食事を終えることができるのだ

スポンサーリンク

ウルトラマンは3分待ったら死んでしまう

僕もカップ麺を食べる時に3分待ったら死んでしまう

なぜならば麺と名の付くものの伸びた状態が大大大大嫌いであるからだ

ウルトラマンも忙しいわけではなく

実はアルデンテが好きなものだから

3分間で悪者を倒して3分後には空に飛び立つのである

これはウルトラマンでなくても僕だって一緒だ

何もアルデンテはパスタだけではなくてすべての麺類にいえるのである

博多ラーメン(一風堂)ならば粉落としである

スポンサーリンク

ではなぜ3分待てと書いてあるのか

僕が今でも一番好きなカップラーメンは日清のカップヌードルの普通味である

やはり飽きがこない

同じシリーズのカレー味も好きではあるが

一度食べると飽きがくる

ほかの銘柄でもおいしいカップ麺もあるが

なかなかリピーターにはなれない

しかしどのカップ麺にも多少の誤差はあれ

「ふたを開けお湯を注ぎふたを閉じ3分ほど待ってからふたを開け食べる」

こんな内容の食べ方がマニュアルとしてカップ麺の容器に提示してあるはずだ

これは一重に食べ始めがちょうどいい麺の具合ということであろう

しかしこれでは食べ終わるころには麺が最悪状態にふやけているはずだ

こんなことは絶対に許せない

話は違うが

レストランでワインをなめながらだらだらとおしゃべりをしてパスタ食べている

こんな風景を良く見かける

これは絶対に許せない

ソバでもうどんでも同じことである

麺類はハイどうぞと指し出された瞬間に

一気に食べるのがエチケットであり

麺食いの極意である

カップメンを扱っている食品メーカーは

お客さんが麺を最初の一口食べた状態が最高の状態にしたいがために

3分という基準をうたっているのだ

細めの麺であれば2分

太目の麺であれば5分

これが最初の一口で味わう最高の麺の硬さというわけである

しかしそれでも3分は長すぎる

半分食べた状態でも麺はフカフカの最悪の状態になるからである

食べている本人はそんなことすら忘れていて味にごまかされ

最初の一口だけで満足しているのである

だまされてはいけない

麺は食べ終わるまでが大切である

麺を早々に腰があるうちに食べ終わってからゆっくりとスープを味わうべきである

正しいカップ麺の食べ方

日清のカップヌードルの場合としておこう

(中身の具を出して食べるなど色々なトッピングがある場合は手順が異なる為)

一気に話そう

カップメンを手に取ったら、ビニールの包装をすべてはがして上蓋を一気にはがしとる

ここで半分だけはがし、あとからふたをする作業がないため一気にはがすのだ

そして熱湯を注ぐ

割りばしを事前に準備しておき一気に麺をほぐしそのまま一口目をすぐに口に入れる

はじめは急ぐことはない

少し硬めのまだ芯が残っている状態のアルデンテをゆっくり楽しめばそれでいい

そんなことをしていると麺はすぐにお湯を含み腰を無くす

あとは自分のペースで

お湯を注いだ時間から3分以内にすべての麺を胃袋に収める

そしてゆっくりとメン汁を味わって飲むのである

これこそがアルデンテ好きのカップラーメンの食べ方である

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする