安井かずみ&加藤和彦本当に幸せだったのか?凡人と天才の自我と妥協と生と死

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
安井かずみ3

加藤和彦は自殺した

安井かずみは早死にをした

天才の葛藤と自我と生きる意味

そこにあったものは何だったのか

スポンサーリンク

8歳年下のミュージシャン

加藤和彦は安井かずみの8歳年下のミュージシャンである

二人が知り合ったいきさつはともかく

結婚してからの二人の関係は異常である

17年間の結婚生活の真っただ中

結果として安井かずみは55歳の若さでガンで死んでいる

後に加藤和彦は62歳の若さで死んでいる

自害である

スポンサーリンク

異常な結婚生活

安井かずみは作詞家である

ほかにも色々な才能に恵まれていたのだが

作詞家としてのZUZUが一番有名である

その才能は半端ではなく

数々のヒット曲を生んできた

その天才が

加藤和彦との結婚を機に

すべての仕事をやめたような形になってしまう

実際には作詞家をやめた訳では無いようなのだが

その作詞家としての活動のほとんどは加藤和彦の曲に為だけにおこなったのだ

別のお金に困っていたわけではないのだろう

ならばそれでもよいが、、、、、、

そんなことはどうでもよく

僕がここで言いたいのは

異常なまでの加藤和彦に対する愛

異常なまでの加藤和彦への執着心

とも言うべき彼女の行動である

たとえばパーティーに出席する時に

前日までの2日間、3日間

何も食べずに絶食してパーティーでたくさん食べるのだ

訳は

これだけ食べているのに私は太らないのよ

という人への見栄ともいえる行為

もう一つの訳は

加藤和彦に嫌われたくない

という羞恥心なのか見栄なのか愛なのか

これって異常だと思われてもしかたがない

17年間の結婚生活で夕食を共にしなかった日が10日程だという

これも二人とも相当なマニアックな生活である

スポンサーリンク

天才と凡人

天才は自分の好きなことを行い一生を終えて

凡人は自分の好きなことを行い一生を終えて

どちらも同じ一生であり

どちらも自分の好きなことを行い

後悔がなければそれでいい

しかし凡人は無理をしてまで自分の好きなことをすることは無い

結果

安井かずみは若くして体を壊しガンで亡くなり

加藤和彦は作品作りに悩み自らの死を選び

これで幸せだと思うのが天才か

こんなの嫌だと思うのが凡人か

もしそうなのであれば

僕は凡人に生まれて幸せです

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする