そよ風と迷惑!ベルベットイースターがはこぶ運命の判決はそよ風と共に

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
ベルベットイースター2

人の運命を決めるのは

その人の考え方がすべてだと

僕はそう思う、、、、

いや、考え方というより、、、、

そこに実在するのは

その人の

呑気(のんき)が

思考

瞬間の現象の行き先を決めるのかもしれない

スポンサーリンク

春が運んで来てくれるもの

春は僕を前向きにしてくれる

瞬間の現象とは

その時に自分の身に降りかかった実在のことである

人は瞬間に生き

瞬間の積み重ねを物語に仕立てたがる

だけど

その実態は

瞬間に起こった現象がすべてであり

そこに物語は存在しない

物語は

人が自分で作りあげた自己満足の虚像である

どうせ虚像なのであれば

気のすむままに自分勝手に物語を作りあげ

気のすむままの

飛びっきり上等な

飛びっきり満足のいける

そんな人生の物語を作ればいいじゃん、、、、

そんなものには誰も共感しないし

誰も見向きもしないさ、、、、

この僕だって人の人生ど真剣に見てはいないんだから

満足って

気持ちよく生きるって、、、、、、

そういうことなんじゃないかな

ど真剣に

幸せにしたい人がいるならば

まず自分で試してみて

自分が幸せになってみなよ

大切なことは

人の生きざまを見守ることじゃない

大切なことは

自分がどう生きるかってことさ

それすらできないならば、、、

大切な人を幸せにするなんて夢の向こう側だ

春は僕に力を与えてくれる

とびっきり上等な自分は

今ここにいる

きっと僕にかかわった人はみんな幸せになる

それはあなたにかかわった人がみんな幸せになることと

同じ意味を持ってる

僕が幸せであるならば、、、、、

春はそこにある

先日こんなことがあった、、、、

僕はその時、踏切のきわに立っていた

帽子をかぶった僕は、踏切の直前まで近づいて、、、、

目前に現れた列車は次の駅を通過する快速列車だったので

列車は猛烈な速さで遮断機を通過していった

一瞬の出来事で、、、、、、

一瞬の出来事であるが

通過した列車は半端なく強い風をまき散らし

僕の帽子をはぎとりながら走り去って行った

僕はその瞬間いろいろなことを脳裏に描いていた

過ぎ去った列車は僕に幸せを運んで来てくれたのだろうか

それともただの嫌がらせの迷惑な風だったのだろうか

迷惑な風と心地よいそよ風を分けるもの

それは風がなんだかの思考を運んでくれたのだ

もし、僕がただの嫌がらせの風だと考えていたら

このブログのこの記事も書いてはいない

自分の思い過ごしが支配する

いいことも悪いこともそこに存在する

スポンサーリンク

ベルベットイースター

1973年に発売された「ひこうき雲」に収録されたこの曲は

ある意味僕の人生を変えた

そんな言い方をすると大げさに聞こえるが

この曲を聴かなかったら僕は八王子にある美大の受験をしなかっただろう

当時高校一年生だった僕はこのベルベットイースターによって

異空間の世界にさまよい始めたのだから

日本にもこんな曲を作る人がいたんだと

一発で荒井由実の虜になり当時多摩美の日本画専攻だったことなど

いろいろな事に影響されたのが初めの一歩だったことは間違いのない事実なのだ

https://www.youtube.com/watch?v=fkuOaugShsk

ベルベット・イースター」作:荒井由美/松任谷由美
ベルベット・イースター
小雨の朝
ひかるしずく
空にいっぱい
ベルベット・イースター
迎えに来て
まだ眠いけどドアをたたいて
空がとっても低い
天使が降りてきそうなほど
一番好きな季節
いつもと違う日曜日なの
ベルベット・イースター
昨日買った
白い帽子花で飾り
ベルベット・イースター
昔ママが好きだったブーツ
はいていこう
空がとっても低い
天使が降りてきそうなほど
一番好きな季節
いつもと違う日曜日なの

なぜこんなにもベルベットイースターに影響されたのか

3月生まれの僕は寒い冬が大嫌いで物心がついてこのかた

毎年春を待ち望んで暮らしている

ただでさえいろいろなことを妄想することが好きで

3月を待ちながら生きているのだ

4月になって桜が散ってしまうととてつもなく虚しさがこみ上げてきて

もう、次の春を待ち望んでしまうほどに、、、、、

夏も嫌いではないが秋が近づき寒い冬が着ると思うと

夏の終わりにはサザンオールスターズの「夏をあきらめて」が頭にさまよい始める

だから僕は桜が咲きだすまでのこの季節がたまらなく大好きで

未来思考の妄想を一番できる季節なのだ

僕にとってのベルベットイースターは

一般に言う「イースターデー」とは少し違う

スポンサーリンク

イースターデーはキリストの復活祭であり今年は4月1日

春分の日のあとの一番近い満月の日

そこから一番近い日曜日

これはグレゴリオ暦といいカトリックやプロテスタントである西方教会の定義

もう一つのユリウス暦は東方教会の定義で

今年は4月8日がイースターデー

ちなみにこれは暦(こよみ)の違いで日にちがずれるのだが

一般的に西暦(グレゴリオ暦)

が普及しているので日本では4月1日が今年のイースターデーになる

去年はたまたま同じ日になったらしい

たまに両方の暦が同じになるみたいだが

ベルベットイースター1

だが僕のベルベットイースターは全然違う

春の匂いを感じた日に始まり梅雨の鬱陶しさが始まる前まで

この最高の日々全部が僕のベルベットイースターになる

今年もその季節が来ている

僕の人生の始まりだ

また生まれ変わることができた

今年の僕は新しいことに向かい好きなことをやりまくるんだ

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn