3.11震災前と後の世界VS昭和と平成|比較にならない世界感の違い

3.11後の理不尽な世界

2017年は平成で言うと29年になる

ってことは昭和が終わって29年時が過ぎているんだな

スポンサーリンク

東日本大震災が起きたのが2011年

今年で丸6年が過ぎた

人は昭和と平成を比べて色々言う

あの頃は良かった(昭和のこと)

あの頃に戻りたい(もちろん昭和)

そんなことを言う訳は

どんだけ今のこの日本がひどい状態か

どんだけ平成になって世の中がだめになったのか

そんなことを言っていると

「そんなことはない」

あの戦争が世界大戦が2回もあった

そんな昭和よりも全然今のこの平成のほうがいいだろう

そんな戦争を知っている人たちの声も聞こえてきそうだよね

スポンサーリンク

しかし昭和の戦後生まれの僕に言わせれば

そんなことよりも

もっともっと大切な

もっともっととてつもなく大切な

時代の分岐点があるのではと思ってならない

それはこういうことである

例えば

昭和の20年(1940年)を境とした

前と後、これは戦争中と戦後

例えば

平成の23年(2011年)を境とした

前と後、これは震災前と震災後

この境はどういう意味があるのか

この境はどんだけ大切なことなのか

決して忘れては

決して無下にしてはいけない

大切な

とても大切な

分岐点だということを

日本人の魂に植え付けるべきことじゃないかい

スポンサーリンク

しかも戦後は高度成長時代に突入して

(何が助けてくれたのかはともかく)

間違いなく成長した時代

だが今はというと

最悪の政治と

最悪の指導者で

日本は何も進展がない

そればかりか

戦争を

原爆を

認めかねないような

そんな日本になりそうな気配すらある

ふざけるな日本

政治問題

社会問題

理不尽な世界

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn