キースエマーソンのウルフカットやバタフライシャツは僕のファッショントレンドだった

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
4_3_thumb.jpg

 

2016年3月の10日に

エマーソン レイク&パーマーの

キース・エマーソンが自殺

パートナーの川口真理さんが3月11日に帰宅して発見した

キースエマーソンの

ウルフカットやバタフライシャツは

僕のファッショントレンドだった

 

キース エマーソン

スポンサード リンク

 

キース・エマーソンは僕のファッショントレンドだった

 

昨日の夕刊の記事を見るまで知らなかった

 

なんとキース・エマーソンは自殺

 

よっぽど精神的にまいっていたのだね

 

4月に来日コンサートを控えていたのにもかかわらず

 

こんな死に方をするとは

 

ELPの中では彼だけが飛びぬけてカッコよく

僕のファッショントレンドだった

 

何よりもあのヘアースタイル

 

当時の流行のウルフカットをしていた

 

男性ミュージシャンでは最高に似合っていて

 

僕も真似をしていた

 

新規ドキュメント 4_3

スージー・クワトロと共にヘアースタイルでは

最高にこのスタイルがカッコよかった

スポンサーリンク

ウルフカット(オオカミヘアー)はロックの象徴

 

ロック好きならみんな知っているヘアースタイル

ウルフかット

ロンドンブーツにもさいこうにあってて60年代から70年代の

トレンドであるこのスタイリングがカッコよかったのだ

 

音楽的にも

クラシックを取り入れた展覧会の絵なんかが良かったよね

カルタス(大河ドラマで取り上げられた)何かよりもいい曲をたくさん作っていた

 

そんなELPは

歌詞のないいわゆるインストが多くて

どちらかというと実力派の正統派のぽろぐれだった

 

その中でもキースのアイドル的な要素が輝いていた

 

アイドルといっても女の子に騒がれるそんなミーハー的ではなく

 

とにかく存在がカッコよかった

 

ファッションも良かったが

音楽性もある実力でトップに立った

ボーカルがあまり目立たないロックでここまで人気があったのは珍しいのではないだろうか

 

あのころの時代の空気感がなつかしいが

 

先日のデビッド・ボウイのすぐ後にこんなことになるのはさみしいかぎりだ

★★★

創作図鑑

 

★★★

ストックフォト

★★★

思った以上の人生は、すぐそこで待っている

★★★

Adobe Photoshop

★★★

ScreenPresso

★★★

スポンサード リンク

 

ホームページ(このページ)↓

突飛工房デコドルフィン|身に着けるロック|歩くアート

ライフログ↓

あとは愛するだけでいい(only by loving)

創作図鑑↓

デコドルフィンのオリジナル一点物創作図鑑

FaceBookページ↓

デコドルフィンのアート法

Twitter↓

Hideki Sugihara

★★★★★★★★

[wp-cumulus]

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn