インディゴチルドレン物語スピリチュアルではない本当の愛と宇宙の話

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
インディゴチルドレン物語スタート

ふとしたときに思うことがあります

なぜ戦争をするのかとか

なぜ人を殺すのかとか

なぜ殴り合いやののしりあいをするのかとか

スポンサーリンク


あってはならないもの

人は自分の都合で自分の人生を歩んでゆくものです

人生の中でいろいろな場面にぶつかり

いろいろな対応をすることがあるものです

それが人生です

どんな人でも頭にくることがあり怒りで目の前が真っ白になったり

どんな人でも絶望で目の前が真っ黒になったり

しかし

インディゴチルドレンは戦争は決してしません

人殺しもしません

殴り合いもしません

自分や他人を守るためにどうしても殺人をしなくてはならないとこがあるかもしれません

自分や他人を守るためにどうしても殴りあわなくてはならないことがあるかもしれません

もしインディゴチルドレンがそのような場面に遭遇したとき

殺人をしたり殴り合いをしたり

そんなことがあるかもしれません

しかし

そんな時そんな場合に

そこには必ず『愛』が存在しています

愛のある世界の中で愛のないもの達から守るためにそんな行動を起こすこともあるでしょう

被害にあう人やもの達のために

インディゴチルドレンは戦います

愛のない世界から来た者たちには戦いを挑みます

愛のない世界はこの世の中にあってはならないものだからです

スポンサーリンク

なくてはならないもの

この世の中に絶対になくてはならないもの

かけがえのないもの

それは『愛』です

愛のある世界を守るためには愛のないものたちを倒さなくてはなりません

インディゴチルドレンは決して意味のない戦いはしません

インディゴチルドレンは決して意味のない争いはしません

罪のない人たちが被害にあうような行動は決してしません

だから

どんな理由があっても

どんな世の中になっても

決して戦争はしません

断固として戦争に反対します

スポンサーリンク


目に見えるものと目に見えないもの

目に見えているものが世の中のすべてであると

そんな風に思ってしまうのはどうしてでしょうか

人は目で見たものを信じます

自分で経験したものはどんなものなのか

自分で判断できるものだからですね

この世の中はいろいろな目に見えるものでいっぱいです

その中で自らじぶんの目で見ているものはほんのひとかけらです

それでも見ていないものより見ているもののほうが安心できます

とてもとても小さな

とてもとても狭い

そんな世界だとしても

自分で確認できるものは自分で納得して

信じることができるものです

どんなに小さい狭いはんちゅうであっても

世間にあるもの自分が見たもの

そしてこの世の中は目に見えないものがたくさんあって

目に見えないものが一番大切なものなので、、、、、、、、

目に見えないものが目に見えるものより

何千倍も

何万倍も

この世の中には沢山あるのです

目に見えているものが世の中のすべてであるように思われるが

目に見えないものが世の中のほとんどを占めているのです

広い宇宙の空間のことを言っているのではありません

この広い宇宙の中には沢山の物であふれています

それらのものたちはとてもとても沢山ありすぎて

人が一生かけても見ることができないほど沢山のものがあって、、、

しかしそんな広い広い宇宙の中で

その広い広い宇宙空間よりも

もっともっと広くて大きいものがあるのです

それは人の目には見えないものなのです

形のないものなのです

しかし

目に見えないものは

とてもとても大きくて

とてもとても重くて

とてもとても大切なものなのです

それはいろいろなもの

たとえば『心』『魂』『愛』『怒り』『悲しみ』『苦しみ』『喜び』『希望』

まだまだ沢山あるのです

こんな感じに

目に見えないもの

これからそんな話をしてゆきたいと思います

それはインディゴチルドレンの話でもあるのです

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする