60歳から楽しい自分でいる為の老齢年金は繰り上げ受給にすべきやりたいこと好きなことをやる為に

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
60歳年金の受給を繰り上げる

冒頭に言っておきたいことがあります

人生は自分のペースで楽しく明るく生きて行く権利がありますし

なるべくなら自分の考えで自分にとっての最良の生き方を選ぶ権利があります

今のこの理不尽な日本国内においても自分の力で人生を楽しく生きて行く方法を考えないと損をしてしまいます

僕はお金のことを話すのが大大大っ嫌いですが

不公平がないように生きるためには最低限の生きるためのおカネのことは書かずにはいられませんのでここに書き留めておきますね

「今日は老齢年金の受給の繰り上げはするべきだ」

という内容で書きます

僕は昭和33年生まれで今年60歳です

西暦で言うと1958年生まれです

僕と近い歳の人は老齢年金の受給が徐々に遅らせる理不尽な世代になってしまいました

なぜならば平成12年に老齢年金の受給の改正がされたからです

平成12年改正:老齢厚生年金の報酬比例部分について、

男子60歳⇒65歳(3年に1歳ずつ。平成25年度から12年かけて引上げ。)

女子60歳⇒65歳(3年に1歳ずつ。平成30年度から12年かけて引上げ。)

スポンサーリンク

老齢年金の受給が遅くなったわけ

上記の引用文は

支給開始年齢について 第4回社会保障審議会年金部会

というインターネット上の記事を引用させていただきました

僕は年金などの問題に詳しくないですし

年金などの問題に首を突っ込むことも考えておりません

ただ今年60歳になった一人の日本人の男子として

自分が思うことを書いているだけですのであらかじめご理解ください(笑)

この事態は間違いなく僕を苦しめました

だってそうですよね!!

若い時から60歳になったら年金をもらえると信じて働きながらあくせく生きてきたわけですから

それが昭和33年生まれの僕の世代の前後に人から徐々に年金受給権が先延ばしにされて行くという事態になってしまいました

なぜでしょう?

おカネがないからです

年金受給者に配当するべきおカネがないからです

若者が人口減による

年金納付率が下がった

などなど色々な理由をいっているのは世間であり

実情は国民をごまかしているとしか思えないです

社会保険庁の汚職で国民みんなが収めたおカネを無駄使いして罰せられ

その責任もあやふやになったままで日本年金機構なるものができたのでしょうか

まさに社会保険庁の黒歴史であり

日本の黒歴史ですよね

そんなことはどうでもいいのですが

公務員のこんな悪事、汚職のために国が僕を裏切ったのは間違いない

もちろん僕だけではなく全日本国民を裏切ったわけだが、、、、、、

老齢年金の受給が遅くなったわけはそもそもここにあるのは

誰も言わない

みんな逃げてるわけですね

卑怯な、、、、金返せ、、、、

スポンサーリンク

マスコミもネットの記事も動画も本音は言わない

専門家って何なのでしょうね

学校の先生とか評論家とか塾の講師とか弁護士とか

年金に詳しい人は口をそろえて繰り上げ需給は損だといってます

GoogleさんでもYahooさんでもいいから検索してみてくださいな

「老齢年金の受給の繰り上げ」

こんな文字でもいいですので、、、

繰り下げの記事が先に来るのはなぜ、、

繰り上げって入力してるのに

繰り下げってことは年金受給を先送りにすることじゃないですか、、、

それほどまで金を出したくないんですかって、、、、

繰り上げはできないんですか、、、、

いや、できます

しかし損をします

と書いてあります

どこのサイトを見ても

まずは繰り上げ受給は損ですと書いてあります

年金機構におカネがないのでしょうかね、、、

なぜないのでしょうかね、、、、、

僕はいろいろ検索して自分で結論を出しました

それは、、、、

僕にとっては老齢年金は繰り上げ受給すべきであると

もちろん人によって事情や立場が違いますが

僕は先に60歳からもらいます

スポンサーリンク

自分の立場と生き方で自分に合った身の振り方を

僕は50歳で会社倒産をしてそれまで加入していた厚生年金がたたれてしまいました

22歳から会社勤めで

トータルで26,7年間の厚生年金の資格があり

いわゆる基礎年金でしょうか国民年金時代が数年在ります

こんな状態で仕事をしてきました

50歳から60歳までの間は年金を支払う余裕がありませんでしたので

手続きをして支払いの免除期間を作ってもらいました

60歳前後に方でも人によってケースバイケースだと思います

国民年金だけの人もいますし

しっかり40年の満期まで支払ってきた方もいるでしょう

だがそれらの条件よりももっと大切なこと

もっと考慮しなくてはいけないこと

それは

自分がどのような生き方をしたいか

ではないでしょうか

僕には夢があり

60歳になったらなるべく自分のやりたいことができる時間を作り

目標実現をする人生を歩んでいきたいのです

だから自由な時間が第一優先です

一円でも多くのお金が欲しい人は年金受給の繰り下げをするでしょうし

60歳になった今でもちゃんと会社勤めをしている人はたとえ定年退職をした後でも

会社に残り下がった給料で耐えながら(退職金はもらってるかも)

65歳の年金受給を選ぶでしょう

自営業で国民年金の人は約半数の45%が60歳を過ぎたら繰り上げ受給をしているらしいです

早くもらったほうがいいと思っているからでしょう

損得ではなく自分のスタンスで決めればいいかと、、、、

僕はそう思いますね

いわゆる優良企業のサラリーマンと自営業と

ましてや年金なんて支払える立場でない人や

同じ60歳でも千差万別です

ところがそんな個人の立場も考えづに一派ひとからげに

「老齢年金の受給は繰り上げるな」

そんをするぞ的な記事ばっかです

今を幸せに生きるために自分に優しく

老齢年金の受給の損益分岐点はおおよそ78歳11カ月らしいですヨ

ここまで生きられる人

先に亡くなる人

人それぞれ何が起こるかわからないのが人生です

だから生きるって今が一番大切であり

今の自分を一番大切にしたいと

僕はそう思います

だから僕は今の時間を自由に使う為に

老齢年金の受給を繰り上げる方を選びました

60歳から受給を受けると最高で30%減の受給額になります

人それぞれですが自分が一番幸せでいられる受給方法を選んでください

あなたの人生のために

追伸

老齢年金の受給を繰り上げると資格を無くす項目など色々あるみたいですので

いろいろ調べてご自分で判断することをお勧めします

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする