YouTubeいろいろな問題抱えてるけど投稿者の対するデメリットなシステム改善は改悪になるよ

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
YouTubeやり過ぎだろ

2018年4月4日の日本時間の早朝ニュースが入ってきた

アメリカのYouTube本社に女性が銃乱射事件があったと

この件、事件の全容はともかく今までの色々な事柄が背景にあるのでは

いろいろな事柄はいろいろな記事がネット上にもあふれているので

僕はここであえて話すつもりはありません

ただ一つだけどうしても話したいことがあります

たとえば僕自身から、、、、、、

スポンサーリンク

YouTubeチャンネルで稼げる

YouTubeがGoogleの傘下になってより一層便利になり

Googleってすごいなって思っていたのは何年か前のことでした

そんな時

僕はWordPressを使い本格的にブログ投稿を始めました

その時点でまず考えたのが動画を同時に配信してブログに連携しようということでした

それならばYouTubeチャンネルを生かした投稿方法がいいのではと思い

まずはブログよりも動画に力を入れてスタートしました

Googleアドセンスを取得して頑張りだしたのが3年ほど前のことです

今の結果を話しますとYouTubeチャンネルの動画収益はブログのアドセンス収益の十分の一程度です

しかしそれでもYouTube動画はこれからの時代を背負ってゆくメディアであると

そう確信して日々投稿していました

つい最近まで

2018年に入って2月ごろにYouTube動画での収益が0更新、、、、、、、、

なんだかおかしい

ご存知のように条件が設けられていました

「チャンネル登録者数が1,000人以上」はハードル高すぎ?

YouTuberピンチ?動画収益化の基準厳格化「総再生時間4000時間」「登録者数1000人」

何ですかこれは、、、、、、、、

素人では絶対無理でしょう!!!!!!!!!!!!!!!!

スポンサーリンク

生活できなくなってしまった

実際問題世界的に見たらこの問題は過酷すぎると思いませんか

超有名人だったり

YouTubeでスターになった人

こんな人は置いといて

普通にぼっちらぼっちら稼いでいる僕らはどん底でしょう

ここではYouTube社が行った改革の結果だけをのべますが

Googleさんがどんなに優れた会社でも

急にこんなシステムに子会社の体質改善をしてしまうのはどうでしょうか

微々たる収入でもこのYouTubeでの投稿収入に

すべてをかけている人たちもたくさんいるはずです

スポンサーリンク

資本主義の崩壊が始まる

Googleは世界一の企業です

どんなにamazonが頑張っても世界に影響をもたらす企業団体は

Googleしかありません

YouTubeチャンネルがもつ役割もはかり知れません

もう一度良く考えてYouTube動画の投稿者に対する収益条件の見直しを

するべきではないでしょうか

まだまだ書きたいことがありますが

もう少し状況を見極めてから

続きの再執筆をしたいと思います

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする