コンフォートゾーンとは安全地帯のことわかりやすく説明

目次
デコドルフィンの作品が買える店
デコドルフィンの作品が買える店
コンフォートゾーンとは

人は常に無意識のうちに自分が居心地の良い安全な場所を選んで思考し行動します

居心地の良い安全地帯をコンフォートゾーンといいます

人の体にとってコンフォートゾーン(安全地帯)は
例えばこんなことです
裸の人体が震えるあるいは汗をかくことなく熱バランスを維持することができる温度範囲(摂氏28度と30度の間)(the temperature range (between 28 and 30 degrees Centigrade) at which the naked human body is able to maintain a heat balance without shivering or sweating)

それと同じように人の心にも安全地帯(コンフォートゾーン)はあります

心は体の仕組みと違い千差万別ですので人により違いますし

心はその時々によって変化します

今日は心のコンフォートゾーンの実態を考えていきます

スポンサーリンク

具体的なコンフォートゾーン例えば本屋さんに行った時

たとえば読みたい本を探しに本やさんに行ったとしましょう

あなたの場合

あなたはどこのコーナーに行きますか
あなた個人の場合だけ見てもその時に読みたい事柄(本の内容)によって目的地である本のコーナーが変わります

新刊の人気のある小説であれば新刊特設コーナーに行きます
少し前に発売された小説であれば文庫本(小型普及本で価格が安い)のコーナーに行くかもしれません
同じ本をもっと安く買いたい場合はブックオフのような古書店に行きますね
書店に行かずインターネットのアマゾンで多数の出品の中から選ぶ方法もあります
たった一つの本であっえもこれだけの選択肢があるのです

そしてこれらの選択肢の中で
あなたの頭に真っ先に浮かび行く場所がコンフォートゾーンになります
あなたの目的が一番叶えられる場所が安全地帯(居心地の良い場所)だからです

同じ本でも古典文学、マンガ、写真集、などなど
その時の目的の本によって
コンフォートゾーンは変わってきます

スポンサーリンク

他の人の場合

子供は本屋さんに入った途端に新刊コーナーにはまず行かないでさょう
十中八九、漫画コーナーとか絵本コーナーに行くのではないでしょうか
この子にとってのコンフォートゾーンになります

あなた以外の大人
例えば理数系の大学生ならば
理数系の参考書コーナーとか科学書などなど
気分転換で新刊の好きな作家の小説を求めているかもしれません
その時の目的が一番のコンフォートゾーンになります
同じ一人の人間でもその時の目的によりコンフォートゾーンが変わります

たとえば本でなくてほかの物でも同じことです

食べたいものがある場合食べたいものが手に入る場所がコンフォートゾーンになります

好きな異性が現れたらその人が近くにいる場所がコンフォートゾーンになります

このようにその時々の思考がコンフォートゾーンを作るのです

スポンサーリンク

抽象的なコンフォートゾーン

人間はあらゆる時と場所でコンフォートゾーン(安全地帯)を無意識のうちに探しあて

思考し行動しています

一人の人間は自分が好ましい場所や物事を所有します

好きなものを判断する意識はあらゆる事柄に対して働きます

好きなモノは自分の好みの集合体になり一人の人格(個性)として成り立ちます

嫌いなものをふるいにかけ好きな物を選び一人の個性として存在するのです

人の思考はどんな時も自分の意志のもとに存在しますので

生きている長い時間の中で自分の型ができ上がります

人間一人一人違う人格であるように他人の人格は自分の人格と別のものとなります

一人の人間としてとらえた時に

自分の趣味趣向が自分のコンフォートゾーン(安全な過ごしやすい場所)になるのです

コンフォートゾーン(やすらげる場所)は

生まれてきて今まで経験した人生の上に構築されています

自分の人生が選択してきた大きなククリの趣味趣向である

抽象的な(広範囲の俯瞰的な)コンフォートゾーンである自分の過ごしやすい場所や物事は

そん簡単に変化することはありません

だから自分の人生に満足している人は

コンフォートゾーンを変えようとは思いません

また満足しているからにはコンフォートゾーンを変える必要もありません

しかし現状打破したい

人生を変えたい

そんな希望のある人にとっては自分の安全地帯から離れることが必要になります

たとえば

今よりお金が欲しい、今よりモテたい、今より若返りたい

今より積極的な性格になりたい

人それぞれ色々な悩みがあるものですね

僕は今よりお洒落になりたい人の為にこのブログを書いています

だから僕もそのために自分のコンフォートゾーンをもっともっと引き上げていと思っています

一緒に頑張りましょうね、、、、、、

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

デコドルフィンの作品minneにて販売中です
デコドルフィンの作品minneにて販売中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする