チューリップは日本のビートルズぼくがつくった愛のうたI(私)は僕であり俺ではない

目次
日本のビートルズチューリップ

ジョンレノンもポールマッカートニーもは似合わない、財津和夫も姫野達也もは似合わない、だから曲のタイトルは

俺がつくった愛のうた

ではなく

ぼくがつくった愛のうた

がふさわしい

が似合うのはミックジャガーとキースリチャーズだ

だからチューリップは

日本のビートルズであり

日本のストーンズにはならないのだ

スポンサーリンク


デビュー

1972年に「魔法の黄色い靴」でデビューするもたいしたヒットにはならなかった

誰が聴いてもいい曲とは言えない

完全な財津和夫のマスターベーションの曲であり

オフコースを思いだしそうで気持ちの悪い曲である

オフコースといえばチューリップの財津は

やたらとオフコースを意識してライバル視していたらしいが

チューリップファンからすれば

全然違うジャンルなのになんでオフコースみたいな気持ちの悪いミュージシャンを

そんなに意識するのかが理解できない

確かに財津はたまにオフコース風の気持ちの悪い曲を作るが

基本的には僕らが好きなチューリップは1973年以降なのだから

財津はファンのことを理解してないね

いずれにしても70年代はエキサイトした時代なのだ

だから本当のチューリップは

1973年の「心の旅」の発表からである

この後のヒット曲は凄まじく僕らの青春時代を刺激した

そして恋をするたびに口ずさむ曲はチューリップオンパレードになったわけだ

好きな彼女を心から大切に思う時には

青春の影」(1974年

好きになった子(女)を自分のモノにしたいときには

ぼくがつくった愛のうた〜いとしのEmily〜

ささいなことで傷つきあった時には

サボテンの花」(1975年

こんな具合に僕ら1970年代の青春は過ぎていったものである

スポンサーリンク


同窓会(同期会)で

最近行った同期会の三次会でカラオケを歌えるスナックに入った

三次会にもかかわらず30人以上の同期のメンバーが残り

その半数は朝帰りになるまで歌い語り合ったのである

1950年代後半の僕らは当然のことながら70年代の曲がメインになるのだ

荒井由実の卒業写真

バンバンのイチゴ白書をもういち度

ゴールデンカップスの長い髪の少女

吉田拓郎

かぐや姫

当時の名曲オンパレード

20曲ほどの選曲の中で

その中で唯一複数の選曲があったのは

まさにチューリップなのである

好きな彼女を心から大切に思う時には

青春の影」(1974年

好きになった子(女)を自分のモノにしたいときには

ぼくがつくった愛のうた〜いとしのEmily〜

ささいなことで傷つきあった時には

サボテンの花」(1975年

そしてこの曲

1973年の「心の旅

こんな具合に僕ら1970年代の青春を思いだす

そんな同期会が過ぎていったのである

スポンサーリンク


思い出は永遠に

ビートルズがなきジョンレノン以外のメンバーでリバイバルで行った

フリーアズアバード

フリー・アズ・ア・バード – Wikipedia

フリー・アズ・ア・バード (Free as a Bird) は、イギリスロックバンドビートルズの楽曲。ジョン・レノンの未完成曲を残りの3人のメンバー、ポール・マッカートニージョージ・ハリスンリンゴ・スターが手を加えて完成させた。プロデューサーは、ビートルズの殆どの楽曲を手がけていたジョージ・マーティンが聴覚の衰えを理由に断った[1]ため、代わりにジョージ・ハリスンと仲が良かったジェフ・リンが担当した。

このビートルズの行動はチューリップに影響を与えた

メンバーの姫野が提案してチューリップの再結成に至ったのだ

そして僕らの1970年代の経験と思いでは

チューリップの名曲の中に生きている、今でも

そしてこれからも永遠に、、、、、、、、

チューリップを生んでくれたビートルズよ

ありがとう

チューリップを生んでくれた財津和夫よ!姫野やメンバー全員!

ありがとう

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする