訪問者目線で作りこむブログ|わかりやすトップページにメンテナンスする

目次
トップページを読者目線のメニューにする

4月24日にGoogleアドセンスがらみの交流会に参加する機会がありいろいろ学んだ、前々からもっと見やすいサイトにしたいと前々から思っていたので、良いきっかけ作りになったので覚書のつもりで記録しますね

タイトルとコンテンツが基本|次にトップページとサイドバー

ブログの基本は的確なキーワードを入れこんだタイトルとコンテンツ(記事内容)が99%ということを最近学んだパソコンのお勉強中の歩くアート杉原秀樹です

なぜ自己紹介から入ったかというと僕はこのサイトで歩くアートという肩書きでロックな着こなしをして正義の味方になる方法という内容のブログを書いています

そこで音楽を交えたアート系の話は得意なのですが

そんなこのサイトをいかに世間の方々に知っていただくか

ということがもともと不得意で、パソコンのお勉強中なのですね

そこでどうしたらこのサイトをみなさんに知ってもらえるだろうかと、日々お勉強中なわけで

そんな僕と同じような悩みを持っているあなたと一緒にサイト作りを覚えていきたいなという気持ちでこのような投稿をしている訳です

サイトに来てくれた人が楽しくなるようなサイト作り

最近特に思うことがあるんだけど、それは見に来てくれた人がいかに見やすいサイトにするかということなのですね、この僕のサイトの現状は検索から来てもらう場合が多いのですが、検索でサイトに来る人の場合、来てくれた人(以下訪問者としますね)は、Google検索でありYahooでありそれぞれの検索で、タイトルを見てクリックして投稿ページにくる、たぶん新規訪問者がほとんどですね

訪問者は、一応記事は読んだけどさて、、、、という時に記事を読んでやはり楽しくなってもらえることが大切ですよね訪問者に、、、、、、、それでないとほかにどんなことが書いてあるのかな?ってならないですから、、、、、

直帰する人→つまらないから帰る&用が済んだから帰る

直帰しない人→多少であれ何であれ満足したから次のページを読む

この二つしかないのです

直帰する人を減らす方法はコンテンツを良くするしかないのです

そこで次のページにくる場合、その訪問者は何をするか

1:トップページに行くボタンを探す

2:サイドバーにあるインフォメ―ション(あんない)を見る

そこで今日は次のページを見てくれる人の為のトップページの再構築とサイドバーの再構築をする話で

まずは、トップページから、、、、、、、、

**********************************************

スポンサード リンク

********************

ジャケ買いしたくなるようなトップページ

ここで大切なことは、まず良いコンテンツ(記事内容)を書き、直帰率を下げて2ページ目に来てもらうことが大前提です、まあ記事を気に入ってくれたけど時間がないのでチョッキしま~すみたいな人ももちろんいるのですが、、、、、、、、

ここで直帰しない人は次に考えることは、このサイトはどんなことを書いてるのかなッてこと

そこで次に見たいページは、トップページの内容ですね、トップページはサイトの表紙みたいなものですから

そこで大切なことは

トップページがどんな内容であればいいかです

サイトの内容がわかりやすいトップページ

初めての訪問者は、どんなサイトなんだろうとトップページに来ますよね

このサイトにあるコンテンツの内容を見ることができる

しかも

わかりやすく見ることができることが大切

それには

文字だけではなく画像などを入れて工夫することが大切

こんな感じでトップページが出来上がっていればいいと思いませんか、、、

来るとワクワクするようなトップページ

視覚伝達ってとても大切なことですよね、僕は昔から音楽を買う時(レコード時代の人間です)、レコードのジャケ買いばっかしてました、プログレが好きだったもので宇宙を連想させるようなレコードジャケットなんかがあると中身の音楽を想像しながらいてもたってもいられなくなり

レコードの妄想買いを常日頃していたのです

こんなレコードの買い方ばかりしていると中には全然自分の好きな音楽の内容ではないレコードもかなり買うような失敗もしましたが、いろいろな音楽のジャンルを知るきっかけにもなったし、何よりも妄想している時間が楽しくて、音楽雑誌の評論なんかを読むよりもレコードショップに行ってレコードのジャケットを見ながらジャケ買いをする方がよっぽど楽しかったという思い出がたくさんあるのですね

そんな僕がいかにすれば新規訪問者が興味を持ってくれるサイトのトップページにできるかを考えまてます、いつもいつもです、、、、

ですので、ジャケ買いしたくなるようなビジュアル的に面白いトップページを作りたいといつもいつも思っています

しかしここ数日投稿することに明け暮れていてサイト自体の構築はちょっとお休み状態でした、がしかし交流会に参加したのをきっかけにコンテンツとサイトの構築を同時にしていきます

話が違う方向に生きそうですので戻しますが、ビジュアル的に面白いトップページで新規訪問者はもちろんのこと

来るたびにワクワクするようなサイトを作りたい

来るたびにワクワクするようなトップページにしてみたい

理想のトップページまとめ

1:サイトの内容が一目瞭然にわかる内容のトップページ

2:画像などを使いビジュアル的にわかりやすい内容

3:来るたびにワクワクするようなトップページ

そこでどんなトップページにしてみたらいいかをまとめたんですが

あとは内容、どんな内容であるべきかということですよね

わかりやすく楽しいワクワクする内容のトップページ

締めくくりでわかりやすい内容のトップページの内容についてを話しますね

すぐに目的地に行ける案内

実はこれが一番悩んでいることなんです僕は、、、、

どうしたらわかりやすい案内ができるか

知りたいことや興味があることが書いてあるページにすぐに行けるようにすること

ちょっと大きいショップ、たとえばモールのような場所に行くと目的の買い物をするために、なれるまでに大変だったなんて経験があると思いますがサイトもこれと同じで良い内容のコンテンツがあってもせっかく訪問してくれた人がたどり着けなかったらもったいないですよね、サイト側も、訪問者側も

いろいろ時間をかけて考えたんですが僕がやってきたことと反省点、それにこれからやることを書きます

今のトップページと今までやってきたこと

ぶっちゃけ、今まで何度も何度もトップページを作り変えてきました

最初のころはとにかく何でも貼ってどうしたら自分がやってることをわかってもらえるだろうかなんて考えて

自分でやってるSNSのすべてのリンク画像を貼りまくり、やたらと増えすぎたカテゴリ―とタグと固定ページをこれも又リンク画像で貼りまくり、サイトに来たと同時の音楽は流れるは、、、、、、、、

とにかくアピールしまくりでした

そして少し成長して、絞り込んだターゲットの人が読むと喜ぶであろう内容のトップページにした状態

しかしこれはおそらく僕の独りよがりで、決して訪問者がわかりやすいトップページでは無いようです

ちなみに、今現在のトップページを記録しておきましょう動画で撮ってここに貼ります、再構築前の2016年4月26日現在のdecodolphin.netのトップページです

WordPressのトップページとサイドバーを読者目線に変更前の状態

反省点

トップページは、新規訪問者が見てどんなサイトかわかりやすいものでなければいけない

つまり、トップページは、すべての人が一目見てどんなサイトなのかがわかるサイトであることだ

それには、コンテンツの内容が一目でわかるトップページを心がけることが大切、なぜならば訪問者は、僕の考えていることを知りたくて来るわけではないからだ

訪問者の目的は、興味のあるコンテンツと知りたいコンテンツを見つけることだからである

これからやること

今までのやり方はカテゴリ―とタグで目次がわりにしていたがカテゴリ―とタグでは読者には何の記事だかわかりづらいのだ

カテゴリ―はあくまで仕分け

カテゴリ―は記事をジャンルごとに分類するためにある

タグは内容のキーワード

タグは記事内で使われているキーワードを設定するためにある

この2つは本来で読者がサイト内を見やすくするため、つまり目的のコンテンツを探しやすくするためにあるものなのだ

ところが記事が増えていくにしたがって、カテゴリ―とタグの設定にぶれが生じてくる

なぜならば記事に従ってカテゴリ―とタグを設定し続けていくと、微妙なニュアンスまで仕分けができなくなるのです、もし描いた記事に的確なカテゴリ―やタグを設定し続けるとなると限りなくカテゴリ―とタグが増え続けるという現象が生じてくることになるのです

そこで登場するのがまとめ記事です

まとめ記事の活用で的確な内容を視覚で見せる

カテゴリ―とタグではわかりづらいあいまいなニュアンスの記事は捨てることができるのはまとめ記事です

同じ種類のことを書いているので束ねたい記事をひとまとめにした内容の記事を作りその記事内から読みたい記事にリンクで飛ばすようにすれば、読者であり訪問者の悩みは一気に解消できるということです

訪問者目線のメニューとは

***************************

スポンサード リンク


訪問者目線のメニューがまとめ記事

しつこく言いますが、訪問者の目的は興味のあるコンテンツを読むこと、もしくは悩み(疑問)を解決してくれるコンテンツを読む事です

サイト訪問者の目的は

僕の経歴やプロフィールを見に来ているわけではなく

もっと言うならば僕の作品や僕の考え方を見に来たり聞きに来ているわけではないのです

だから訪問者目線に立ったメニューがあるべきなのです

トップページにあるべきなのです

それは、僕のプロフィールや作品ではなく訪問者が必要としているコンテンツです

それは、わかりやすく的確なまとめ記事であって、どんな記事がこのサイトにあるのかを示す見やすい目次です

これから何日かかるかわかりませんが、理想に近づけたトップページを制作した時点でその内容をこの記事の続きとして書くことにしますね

それでは今度はトップページにつづいてサイドバーの再構築の話をします

よろしくお願いいたします

 

スポンサード リンク

★★★★★★★★

FaceBookページ↓

デコドルフィンのアート法

Twitter↓

Hideki Sugihara

★★★★★★★★

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn